マキベリーパウダー効果と摂取量~マキベリスタでアンチエイジング~

公開日: : 最終更新日:2016/04/05 スーパーフード , ,


マキベリーで美肌とアンチエイジング!

マキベリー
マキベリーの効果が、最近、セレブやモデルの間で話題になっています!

今、大注目のベリーです^^

ただし、生のマキベリーは手に入らない(今は苗が手に入ります。)手軽に試すなら、パウダー状になった“マキベリーパウダー”かサプリの“マキベリスタ”などがおすすめです♪

このマキベリー、なぜ注目かというとすっごい強い抗酸化力であらゆる老化を防ぐ効果があると言われているからです。

地球上に存在する果物のなかで最高の抗酸化力を持つのがマキベリーなんです。

これはORAC値が最も高いことで実証されています!!!ORAC値???って思いますよね?これも、あとでちゃんと説明します^^

海外セレブたちはもちろんだけど、日本でもモデルのラブリさんローラさん八木アリサちゃんが好んで食べているので美容面の信頼度は高そうですね。

美容効果に少し触れてみると

  • ダイエット効果
  • むくみの改善
  • 冷えを解消
  • アンチエイジング

などがありますが、他にも気になることがたくさんあるので話題のマキベリーについて調べたことをシェアします。興味のある方はどうぞ♪

Sponsored Link

マキベリーはどんな果物なの?

008
まずは、マキベリーという植物について知っておくとちょっといいかもしれません。(別に知らなくてもいいなら飛ばしてください^^)

美容効果抜群のスーパーフルーツで“パタゴニアン・ブルーベリー”とも呼ばれているのがマキベリーです。

英語のスペルはMaaqui Berry

一般的に、マキベリーと言ってますが、発音からしてマキュベリーが正確なのかもしれません。

果実は、ツヤのある黒紫でベリーの仲間です。ブルーベリーよりひとまわり小さい実といえば想像しやすいかもしれません。

マキベリーは、アントシアニンがとても豊富なことで知られ、最初にいったとおりORAC値が果物の中でトップクラスです!

マキベリーのORAC値は1gあたり750で、アサイーの次に豊富です赤ワイン1杯と比べるとナント100倍に相当するらしいですよ!

しかも、ポリフェノールはアサイーベリーの約5倍!ブルーベリーの約14倍!!も含んでいます。

アンチエイジングに良いと言われアサイーボウルが流行っていますが、マキベリーもすごいんです^^

マキベリーは、まだ人の手で栽培されてなく野生のままの希少な品種で“パタゴニアのスーパーフルーツ”の異名を持つベリーと言われています。(今は苗が売ってますので希少な品種だったのは過去のことです。スーパーフルーツなのは変わらないけど^^)

※ORAC値とは・・・
簡単にいうと活性酸素を吸収する能力を数値に示したものです。この値が大きいほど抗酸化作用が高いということになります。1日のORAC値摂取は3000以上が理想です。

マキベリーとアサイーを比較してみました^^

016
さて、どれだけすごいのか分かりやすく流行りのアサイーと比べてみました^^

マキベリーもアサイーベリーどちらもスーパーフルーツと呼ばれているの知ってます?どちらも健康に良い栄養成分がとても豊富な果物です。

ちなみに、スーパーフルーツを簡単にいうと抗酸化作用がすごいフルーツのことです。

2つとも抗酸化物質オメガ脂肪酸植物繊維をバランスよく含むので、アンチエイジング効果や免疫力の向上、抗炎症作用などで知られていますよね^^

それでは栄養の比較にいってみます♪

アサイーベリーは、抗酸化物質が含まれ、その他にビタミンAやビタミンC、ビタミンE、そしてオメガ脂肪酸を含んでいます。

マキベリーにも、同じく抗酸化物質とビタミンAやビタミンC、オメガ脂肪酸が含まれていて、さらにミネラル成分のカルシウム、鉄分、カリウムなどが含まれています。

オメガ脂肪酸

  • オメガ3脂肪酸・・・動脈効果や高血圧予防、ダイエット効果
  • オメガ6脂肪酸・・・アレルギー症状を和らげたり生活習慣病の予防
  • オメガ9脂肪酸・・・生活習慣病の予防や便秘にも効果がある

オメガ3と6は、体内では作ることができない必須脂肪酸で、健康を保つためには欠かせない成分ですが、食べ物から摂るしかないんです^^;

必須脂肪酸は、コレステロールを低下させ、糖尿病心臓病関節炎喘息大腸炎、さらにはがんにも効果があると言われている脂質です。

アサイーもマキベリーも、オメガ6とオメガ9脂肪酸を含んでいますが、マキベリーにはオメガ3脂肪酸は含まれていません。

が、抗酸化作用は断然マキベリーの方が上なんです^^

Sponsored Link

マキベリーの健康効果は生活習慣病にも!?

021
次に、マキベリーの健康効果に触れてみます。

マキベリーは、美容や美肌効果だけじゃなく心臓病をはじめとする循環器系の疾患を予防する効果もあります。

さらに・・・、強い抗酸化作用で老化防止や生活習慣病の予防にも効果があるんです。

  • 炎症を抑制する効果
  • 老化を防ぐ効果
  • アンチエイジング効果
  • 血糖値を下げる効果

もっと詳しくすると・・・

○マキベリーの5つの効果

  1. 炎症を抑制する効果
    含まれるアントシアニンのデルフィニジンに強い抗酸化力がある。
  2. 老化を防ぐ効果
    とっても強力な抗酸化作用があるので老化を防ぐ。
  3. 動脈効果や脳卒中などの予防
    強力な抗酸化作用で血液のコレステロールの酸化を防ぐ
  4. シミやシワなど肌の老化を防ぐ
    デルフィニジンの抗酸化作用が紫外線による肌の細胞死や脂質の酸化を防ぐ。
  5. 血糖値を下げる効果
    インスリンの働きを助けるので糖尿病の予防に期待されている。

○マキベリーがおすすめのひと

  • 炎症を抑えたいひと
  • のどの痛みがひどく和らげたいひと
  • いつまでも若々しくいたいひと
  • 糖尿病を改善したい、また予防したいひと
  • ダイエットしたい、また肥満を予防したいひと

マキベリーパウダーの摂取量と副作用は?

026
では、次にマキベリーの摂取量と副作用について触れてみます。

パウダーなら1日の摂取量は5~6gが目安です。多く摂ってもそれ相当の効果があるかと言うとそうでもないそうです^^;

そして気になる副作用ですが、マキベリーに副作用はありません!なのでマキベリーを使ったサプリメントにも副作用はありません。

どちらも、医薬品ではなく食品だから副作用の心配がないんですって^^

ただし、ポリフェノールを多く含んでいるので鉄の吸収を悪くする可能性はあるので、気をつけましょう。

マキベリーパウダーの味や食べ方は?美味しいの?

014
そして、気になる味はというと・・・ベリー系のとっても濃い風味があり美味しいです。

ジュースタイプのものは、濃厚なブドウジュースを飲んでる感じです^^

フリーズドライにしたマキベリーパウダーはネットで手に入るので朝食やおやつ、ダイエットの置き換え食として重宝するので試してみる価値は充分あります。

おすすめ⇒~斎藤みらいプロデュース「ホワイトアミノベリー」新規獲得プロモーション~

このサプリの特に女性にうれしいのが体の内側からアプローチしてくれる

マキベリー 乳酸菌 アミノ酸

の3つがコラボしているところです^^

今なら無料モニターに間に合うかもしれません♪

まぁ参考までにネットにあったのを載せましたが、手っ取り早くダイエットをしたいならマキベリーを含み他の栄養素も入っているのでいいかもしれませんね。

次にパウダーの食べ方ですが、簡単です。スムージーの材料に混ぜたり、ヨーグルトに混ぜグラノーラをかけたりといろいろあるので自分に合う食べ方を探すのも楽しいと思います。

モデルの誰だか忘れましたが、ヨーグルトに混ぜるのが好きだとか、何かで見ましたよ^^

そのままパウダーを舐めても美味しいし水に混ぜるだけで美味しいです♫

  • 青汁に溶かして飲む
  • 牛乳に溶かして飲む
  • スムージーに入れる
  • ヨーグルトに混ぜる
  • グラノーラにかける
  • アイスにかける

など、思いつくだけでもたくさんあります。

最後に

050
どうでしたか?魅力はものすごい抗酸化力です!

これが、シミやシワを改善し美肌を保ちアンチエイジングに効果があるのです。

モデルやセレブの間で流行っているのも、うなづけますね^^

アサイーチアシードなどのスーパーフードと組み合わせれば、自分だけのオリジナルスペシャルフードができそうです^^♪

↓↓↓ダイエットも考えてるならこちらがおすすめ↓↓↓

~斎藤みらいプロデュース「ホワイトアミノベリー」新規獲得プロモーション~

Sponsored Link


スポンサードリンク

関連記事

ゴールデンベリー

ゴールデンベリーの効能と食べ方~イノシトールの美容効果に注目~

ゴールデンベリーは美容に最適♪ ゴールデンベリーの効能といえば、美肌とアンチエイジングです!

記事を読む

キヌア

キヌアの効能はダイエット?黒キヌア赤キヌア白キヌアどれがいいの?

キヌアには、もの凄い栄養がありNASAの宇宙食に採用されてたり「キヌアが世界を救う」なんて言われ

記事を読む

ジェシカ

レッドマカパウダーの効果と効能!オーガニックマカで更年期障害を改善

モデルやセレブが愛用するマカパウダー レッドマカパウダーがモデルやセレブの間で人気です。その効

記事を読む

ブラッククミン

ブラッククミンシードオイルの効能と使い方[何でも癒す聖なるオイル]

知ってます?ブラッククミンシードオイルはダイエットやアンチエイジング、健康に至るまで何にでも効果を発

記事を読む

ミランダ

チアシードの食べ方はヨーグルトに混ぜるのが一番~モデル愛用~

トップモデルのミランダ・カーも愛用する天然のスーパー食品 “チアシード”とはトップモデルのミラ

記事を読む

キヌア2

コストコのキヌアサラダ!キヌアの効能や食べ方~美肌と美髪のために~

スーパーフード「キヌア」とは? キヌアは、アンデス地方の主食で3000年以上前のインカ帝国から

記事を読む

サジー

シーベリー[サジー]の効果~大人ニキビや貧血の改善などマジすごい~

シーベリーは日本でも栽培されてる? 中央アジアが原産のグミ科のシーベリーは、日本でも栽培されて

記事を読む

kukonomi

ゴジベリー[クコの実]の食べ方や効能と摂取量~ミランダ・カーも愛用~

セレブ愛用のゴジベリーもスーパーフード! 何かと話題になるスーパーフード!流行りだしたのは、マ

記事を読む

ラブリ

カムカムパウダー効能と効果!モデルのラブリが愛用する果実の粉

モデルのラブリさんが愛用 カムカム?あまり馴染みのない名前ですよね^^; ヒルナンデスで

記事を読む

Karen Schwarz

ピタヤと青汁のグラマラスリムスムージー~痩せる?他の効果は?~

ピタヤと青汁の相乗効果の他もすごい “グラマラスリムスムージー”もう飲んでる人も多いですよね^

記事を読む

Comment

  1. […] ひとつおすすめするなら、マキベリーパウダーを混ぜることです!飲みやすくなるし得られる抗酸化作用はものすごいことになります^^ […]

  2. […] マキベリーとは?詳しくは⇒マキベリーのすごい抗酸化作用!サプリも紹介^^ […]

  3. 大島隆雄 より:

    マキュベリーは、午後2時半頃に食べれば良いと、
    TVの健康番組で話しされてましたが、
    本当ですか?その根拠は?どなたか教えてください。

    • あんちゃん より:

      コメントありがとうございます^^

      マキベリーは高い抗酸化作用があります。

      体内にある抗酸化成分が一番経る時間帯が午後3時ごろと言われています。なので、

      吸収良く抗酸化作用を発揮させるにはその時間帯に摂るのがいいと言うことだと思います。

  4. […] は、身体全体のアンチエイジングが大切なので抗酸化作用があるマキベリーをサプリで補うのもいいかもしれません。参考までに⇒地球上の果物でもっとも抗酸化力があるのマキベリー! […]

  5. さやか より:

    マルシェ青空でマキベリーの苗を予約しました!
    日本一マニアックなショップだと思います。 マキベリーの種も普通に販売されてます。笑

    http://www.marcheaozora.com

    • あんちゃん より:

      さやかさん。コメントありがとうございます。今はマキベリーの苗が手に入るんですね^^;
      古い情報だったので訂正しました。ありがとうござます。マルシェの青空、珍しいものが多くおもしろいお店ですね。

  6. […] に、最近、美肌に効果があるマキベリーというスーパーフードがあります。気になるひとはこちらの記事もどうぞ⇒マキベリーパウダー効果と摂取量~マキベリスタでアンチエイジング~ […]

  7. […] 有名なのがイソシアシアネイトが豊富なダイコン、植物性乳酸菌が豊富なキムチや漬物。あとは地球上の果物で最高の抗酸化力があるマキベリーです。マキベリーはサプリがおすすめになります。 […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

黒米
黒米の炊き方は?甘酒も作れる黒米の栄養と効能は健康と美容に^^

古代米といわれる黒米はもち米の一種です。名前のとおり黒いお米ですが

黒豆茶の効能は不妊や便秘予防!高血圧や膀胱炎にも!女子必見♪

おせち料理に欠かせない黒豆!それをお茶にしたのが黒豆茶です。体にい

029
インフルエンザ対策グッズ!予防ならこれ!厳選の3つ紹介^^

インフルエンザが流行りだすと風邪っぽい人が周りにいるだけでつい疑っ

048
若返りホルモン[DHEA]はこの食べ物[食材]で!簡単に増やす方法

若返りホルモンが存在するの知ってます?DHEAと呼ばれるホルモンの

asiase
足の蒸れを防ぐ!蒸れ解消法!これで臭いも気にせずいつも快適^^

意外にも年中、足の蒸れが心配!そんな人多いですよね。そして蒸れると、当

→もっと見る

PAGE TOP ↑