青汁のアトピー効果!ケール,大麦若葉,明日葉を全て含む青汁が最高!

公開日: : 最終更新日:2017/03/23 女性が気になること , ,


青汁はスーパー野菜を集めたもの

青汁
青汁には、ケール大麦若葉明日葉という野菜を原料にしているものが多いですよね。

青汁でアトピーが治ったり症状が改善するのは、これらの野菜に含まれる栄養成分が体質を改善するからです。

例えば、ケールですが葉キャベツ(ブロッコリーの原種)のことで、新芽はブロッコリースーパースプラウトと呼ばれるスーパーフードのひとつになっています。その成分は抗酸化作用が強くビタミンやミネラル、植物繊維を多く含んでいるんです。

少し(かなり?)前に、その栄養価が注目されスーパーでは売り切れになるほどでした・・・

だから、それらを粉末にした青汁の健康効果は凄いんだと思います。健康や美容にもいい青汁の効果をまとめてみました♪

ブロッコリースーパースプラウトとは
体の抗酸化力や解毒力を高めるスルフォラファンを多く含むブロッコリーの新芽です。ちなみに、スルフォラファンはデトックスの王様と呼ばれ、この成分が一番多くなるのが発芽して3日目です。

Sponsored Link

青汁はアトピーを改善する栄養がいっぱい

039
さて、最初にアトピーに対する青汁の効果です。これが一番気になりますよね^^

アトピーの原因は、遺伝生活環境食生活といわれていますが、調べてみて何となく分かったのは、その中でもアトピーを悪化させるのは普段の食生活が大きく関わっているということでした。

普段、たんぱく質や糖質がメインで野菜を摂らない食生活は、アトピーに良くないだけじゃなく悪化させちゃいますよね^^;

とすると…食生活を改善すればアトピーの症状は軽くなり改善されるはずです!

では、野菜が不足すると身体にどういう影響があるのかというと

  1. 血液を酸化させる!
  2. 体内の血をドロドロにする!
  3. アレルギー反応が過敏になる!
  4. アトピーが悪化する!

体内でこのように症状が悪化していきます。ということは、野菜を多く摂ればアトピーの症状は改善するんじゃないかということです。

野菜に含まれる主な栄養素は、ミネラルやビタミン、植物繊維ですが、この栄養成分が体内環境を改善しアトピーに効果があるんです。だから、野菜の中でもこれらの栄養素を多く含むケールなどを原料にした青汁が効果的なんですね^^

青汁に含まれる成分

026
青汁には、緑黄色野菜の王様と呼ばれるケールや、それよりも栄養価が高いといわれる大麦若葉明日葉でつくられています。

どれも素晴らしく栄養価が高い野菜で、ケールはビタミンCとカルシウムが多く、大麦若葉も同じような栄養素をバランスよく含んでいます。明日葉も同じです。それに、明日葉にはアディポネクチンの分泌を活発にするカルコンも含んでいるんです。

また、ケールはトマトの5倍のβ-カロテンを含むのも特徴です。人の体内で必要とされる量だけビタミンAに変換するのがβ-カロテンです。

それに、ケールには牛乳の2倍ものカルシウムや自然な睡眠を導くホルモンのメラトニン、ビタミンE、ビタミンC、食物繊維などの栄養素も豊富に含んでいます。

青汁を選ぶときは、この3つの野菜が入ったものを選ぶといいと思います。意外にこの3つ全てを含む青汁はそう多くないですが、探せばあるんです。

10個ある青汁の健康効果

027
毎日の生活で青汁を飲む習慣がつくとアトピーの症状を改善するだけじゃなくいろいろな効果が期待できるの知ってます?

Sponsored Link

3つの野菜を含む青汁には、どのような健康効果があるかというと・・・

  • 目の健康や眼精疲労に効果
  • 皮膚や粘膜を丈夫にする効果
  • アンチエイジング効果
  • 睡眠効果
  • ストレスを軽減する効果
  • 免疫力を高める効果
  • 美肌効果
  • 歯と骨を丈夫にする効果
  • 生活習慣病を予防する効果
  • 便秘を解消する効果

です。さらに、それらの効果をひとつずつ詳しくしてみると

○ケールと大麦若葉、明日葉を含んだ青汁の効果

  1. 目の健康や眼精疲労に効果
    ルテインは、“天然のサングラス”と呼ばれ紫外線から目を守る効果があります。また、βカロテンが目の網膜にあるロドプシンの働きを良くするので眼精疲労に効果的です。
  2. 皮膚や粘膜を丈夫にする効果
    体内のたんぱく質の約30%を占めているのがコラーゲンです。ビタミンCはコラーゲンをつくり皮膚や骨、血管を丈夫に保つ働きがあるんです。また、β-カロテンは粘膜や皮膚も正常に保ちます。
  3. アンチエイジング効果
    老化を防止するのは、抗酸化作用を持つビタミンです。青汁はビタミンAやビタミンC、ビタミンEなどの抗酸化作用の高い栄養素が豊富だから紫外線やストレスなどいろいろな原因で発生する活性酸素や過酸化脂質の発生を抑え老化や病気を防いでくれます
  4. 睡眠効果
    睡眠は、脳と体の疲れをとるために欠かせない生理現象です。充分な睡眠を取れないと疲労回復ができず精神も不安定になるので、体調不良になります。青汁には、睡眠に必要な“メラトニン”を含んでいるので不眠症の改善に効果的。
  5. ストレスを軽減する効果
    青汁の豊富なビタミンCは、ストレスをやわらげる効果があります。ビタミンCが不足すると、ストレスに弱くなり体や心の不調を引き起こすのです。また、カルシウムが精神を安定させイライラを抑えてくれます。
  6. 免疫力を高める効果
    青汁の成分ビタミンCなどが、免疫機能成分の生産を促し免疫力を高める効果があります。
  7. 美肌効果
    ビタミンEには、末梢血管を広げ血流を良くする働きがあります。全身の血行が良くなると新陳代謝が活発になり肌の生まれ変わりが早くなり美肌効果が期待できアトピーにも効果的なんです。
  8. 歯と骨を丈夫にする効果
    体の約2%はカルシウムです。そしてカルシウムの99%が骨や歯なので不足すると、骨や歯がもろくなってしまいます。青汁に豊富に含まれるカルシウムが歯と骨を丈夫にしてくれます。
  9. 生活習慣病を予防する効果
    青汁は、血糖値の改善や糖尿病の予防、また、HDLコレステロールを増やし高コレステロール血症を改善するので動脈硬化を予防する働きがあります。
  10. 便秘を解消する効果
    青汁には、便通を良くする食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維は、便を排出する腸のぜん動運動を促すので便秘を改善する効果があるんです。

最後に

050
最近の青汁は美味しいのが特徴です

ひと昔前に「まずい~もういっぱい!」と宣伝されていたのを覚えていますが、いくら健康に良くてもまずいと飲む気になりませんよね^^;

ひとつおすすめするなら、マキベリーパウダーを混ぜることです!飲みやすくなるし得られる抗酸化作用はものすごいことになります。

アトピーの症状を軽くしたり、アンチエイジングやダイエットにも効果があるので青汁を飲む習慣をつけるといいかもしれませんね♪

Sponsored Link


関連記事

ゼンパスタとは?通販で購入できる乾燥しらたき!イタリアで大人気

ゼンパスタとは輸入用の乾燥しらたき 健康意識が高いイタリア人が注目したのが日本のしらたきです

記事を読む

植物性乳酸菌の作り方!自家製で簡単!植物性乳酸菌と豆乳ヨーグルト

植物性乳酸菌は自分で作ろう “植物性乳酸菌”の作り方は超簡単!自家製で植物性乳酸菌も豆乳ヨーグ

記事を読む

リコピンは野菜[トマト]かスイカで!作用と効果は?サプリならこれ

リコピン!野菜ならトマト果物はスイカ リコピンは、夏が旬のトマトやスイカなど野菜や果物の赤い色

記事を読む

酢しょうがの効果と作り方~血糖値や血圧が高い人におすすめ~

家で簡単にできる酢しょうが!健康に良いって何回かテレビでも取り上げられましたね^^ これ何

記事を読む

えごま油の効能と摂取量~純えごま油100 森公美子も絶賛!~

おしゃれイズムのお土産に 食通の森公美子さんが「おしゃれイズム」に出演しました。 そのと

記事を読む

水素水の効果とデメリット~がんを抑制するのはホント?副作用は?~

水素水に健康効果がいっぱい? 水素水は、健康や美容によい効果が期待できると言われています。日本

記事を読む

足の蒸れを防ぐ!蒸れ解消法!これで臭いも気にせずいつも快適^^

意外にも年中、足の蒸れが心配!そんな人多いですよね。そして蒸れると、当然、臭わないかも気になりますよ

記事を読む

肌荒れを治す方法~30代から気にしたい3つのお肌対策!10代も~

肌に大切な3つのこと 最近、飲み会が多くて暴飲暴食したなぁ。睡眠不足が続いている。偏った食事ば

記事を読む

手足の冷え改善~足の冷えは不妊の原因?血流改善で冷えを治す方法~

冷え性の人が気をつけるのは冬だけじゃない 冬は寒いから何するのにも億劫になりがちで嫌な時期です

記事を読む

デトックスウォーターの効果で脂肪燃焼!?デトックスウォーターとは?

デトックスウォーターは簡単 デトックスウォーターは、自分に合った効果や味を簡単に作ることができ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

若々しくなる方法~食べ物やサプリで女性が摂りたい栄養素を紹介~

いつまでも若々しくいたいのは世の中の女性全ての願い?思い?だと思い

みかんの皮を食べると健康になる!栄養と効能紹介♪がんも抑制?

冬はコタツにみかん!昔からよく言いますね^^ 実はこれって寒

ワイルドライスの食べ方は炊き方が重要!効果効能と栄養を紹介♪

ワイルドライス!ジワジワと注目されてる今セレブに人気の食材です^^

黒米の炊き方は?甘酒も作れる黒米の栄養と効能は健康と美容に^^

古代米といわれる黒米はもち米の一種です。名前のとおり黒いお米ですが

黒豆茶の効能は不妊や便秘予防!高血圧や膀胱炎にも!女子必見♪

おせち料理に欠かせない黒豆!それをお茶にしたのが黒豆茶です。体にい

→もっと見る

PAGE TOP ↑