日焼け顔のカサカサやかゆみ、ほてりのケアは?2段階で念入りに!

公開日: : 夏の気になる情報 , ,


日焼けはヤケドと一緒

日差し
うっかり日焼けしてしまったー@@;

しかも、ひどい日焼けでヒリヒリを通り越して痛みがあるなら・・・それは日焼けじゃなくてヤケドです

アフターケアをしっかりしないとシミやソバカスの原因になります

女の子なら、何かしら日焼け対策をしてると思いますから、こんなこと滅多にないとは思います・・・

中学生とか若いとそれほど気にしない日差しでも歳を重ねるにつれ、これでもかというくらい万全に肌の露出を抑えたり防備してたりしますもんね

アラサーやアラフォーになればなるほど当たり前のことですもんね^^;

でも、お肌のためにSPFの低いクリームを普段使いしてて、うっかりそのままレジャーになんてことも^^;

しかも、そんなときに限って日差しが強ければ想像以上の日焼けも有り得ないことじゃないです

そんな思わぬ日焼けのアフターケアの方法について調べてみました

ケアは早め早めが大切です!そして入念に・・・^^♫

Sponsored Link

日焼け後のお肌のケアは段階で

039
うっかり日焼けをしてしまってすぐケアしないと恐ろしいことに1年後、2年後にお肌に影響がでるのだとか・・・

取り敢えず、日焼けのメカニズムについて触れてみます^^

  1. 日差しに当たる⇒紫外線を浴びる
  2. 皮膚のなかのメラノサイトがメラミン色素をつくる
  3. メラミン色素が紫外線を吸収する ← 紫外線を吸収する=肌が黒くなる

夏に真っ黒な子供が冬に真っ白になるのは、活発な新陳代謝があるからです

代謝のおかげでメラミン色素が溜まることなくアカとなって落ちるか残りも毛細血管を通り外に排出されるのです

でも、代謝が悪くなるとこの働きが衰えメラニンが溜まり数年してシミやくすみになるのです(゚д゚)!

では、それを防ぐためにはどうするかというと・・・ケアには2つの段階があるので紹介します

1 日焼け後すぐやること

048
日焼けは、すぐケアをしないと肌の老化につながってしまいます

これが紫外線による“光老化”といわれるもので、シミやしわ、皮膚がんなど年が経ってから現れます

他にも、紫外線は過敏症などのいろいろな皮膚症状を引き起こすので出来れば浴びたくないですね^^;

では、日焼け後、この光老化をできるだけ抑えるには、

  1. すぐに冷やし落ち着かせる ※ヤケドと同じケアです
  2. 化粧水を入念に肌に浸透させる ※優しくパッティングして普段の3倍以上入念に!
  3. スキンケア商品で水分のフタをして保湿する ※低刺激の無添加化粧品がおすすめ

取り敢えず、この3つをすぐにやることが大切です。ひどい日焼けはすぐに肌の水分がなくなったりするので繰り返しやることです

スキンケア商品で保湿したあとは冷たいタオルや保冷剤を濡れたコットンで包んで冷やすのも効果的です

とにかくに冷やして、で水分を浸透させ、でその水分を逃がさない、ことがシミやくすみを抑えるカギになるようです

Sponsored Link

2 火照りが落ち着いたらやること

049
さて、次にやることです

ひどい日焼けでも数日もすると火照りが落ち着いてくると思います

それに、充分冷やして保湿したので肌の潤いが戻ってきてると思います

次にお肌のためにやることは、

  • ビタミンを多く摂る ※シミを防ぐためです おすすめは、カムカムです
  • パックで潤いを浸透させる ※コラーゲン入りスキンケアがおすすめです
  • コラーゲンを多く摂る ※おすすめは、牛すじや鶏軟骨

身体の内側と外側の両方からケアをしていくのです

ビタミンCはシミに効果がありますし、コラーゲンはご存知のとおり肌に欠かせない栄養素です

そして、これらの栄養を一緒に摂ることにも理由があります

コラーゲンが、体内で作られるときはビタミンCがないとうまく作られないからなんです(^O^)!

美容効果を得るためには、ビタミンとコラーゲンを効率よく摂ることが大事なんです

× 日焼け後にやっちゃダメなことやケースごとの対処法

022
日焼け後のアフターケアは、2つの段階で外側と内側からしっかりやることですが、逆にやってはいけないこともあるので触れてみます(゚д゚)!

  • 日焼け後は肌が軽い火傷状態なため、刺激のある美白ケアはしちゃダメです
  • 肌が敏感になっているので、クリームなどをつけすぎても逆効果になります
  • ワセリンなど油分の多いものは、炎症を引き起こす可能性があるので注意する

○日焼け後のヒリヒリや痛みを和らげる方法

強い紫外線を浴びると、日焼け止めを塗っていても日焼けしてしまいます

腕もですが、首の後ろなんかも結構日焼けする場所です

まず、家に帰り鏡を見て肌が赤くなっている“サンバーン”の状態になってたら、冷水のシャワーなどを20分くらい浴びて日焼けしたところを冷やしましょう

洗顔は、必ず水洗いでするのもポイントです。刺激のある洗顔料は使わず、メイクも肌に刺激を与えるので控えた方がいいです

ヒリヒリやかゆみを軽くするには、とにかく早く冷やすことです。するとヒリヒリやかゆみはだいぶ落ち着くはずです

それと、もうひとつ日焼けすると肌は水分を失い乾燥します。これもヒリヒリやかゆみの原因となるので、保湿のために化粧水などで十分保湿しましょう

日焼け後数日間は、肌への水分補給と体内への水分補給にスポーツドリンクなどをこまめに飲むようにします

○水ぶくれになってしまったときの対処法

万がいち、ひどい日焼けをして水ぶくれができてしまったら大切なのは潰さないことです

潰したところから細菌が入りかぶれたりする可能性があります

どうしてものときは、清潔な安全ピンなどで小さな穴を開け溜まった水分だけを出します

最後に

050
買い物に行くだけでもうっかり日焼けしてしまうことってあると思います

最近は、子供の運動会を夏休み前にやる小学校も増えてきました

紫外線は5月から強くなり落ち着くのは10月くらいですから、夏だけじゃなくこの期間は日焼け対策を万全にしといた方がいいと思います^^

Sponsored Link


スポンサードリンク

関連記事

そうめん

そうめんのカロリー1束だと?具と薬味でカロリー調整しよう!

夏のそうめんは太る!? 夏の暑いとき、お昼に“そうめん”なんていいですね でも、そうめん

記事を読む

わき

メンズ脇汗パッドならこれ!脇汗対策におすすめのグッズや制汗剤は?

脇汗対策はオールシーズン 夏が近くなるにつれ気になるのが脇の汗です。 でも脇に汗をかくの

記事を読む

日焼け

日焼けの痛みを治す方法~即効で痛みを取る3つのポイント~

そろそろ日差しが強くなる季節 さて、本格的に日差しが強くなってきました。 日差し = 紫

記事を読む

太陽

熱中症対策の飲料は自分で作って持ち歩こう~クエン酸で簡単レシピ~

熱中症対策は100均のクエン酸で 熱中症対策には、水分補給が一番てっとり早く効果的な方法です

記事を読む

お盆

お盆の基礎知識!~お盆の基礎知識を分かり易くしてみました~

お盆の基礎知識を覚えよう お盆が近づくと考えてしまうのが“お盆の意味や常識”など正確に知らない

記事を読む

虫刺され

デング熱!蚊の種類と予防や対策!症状や治療法は?ワクチンはある?

デング熱!媒介はヒトスジシマカ ここ最近、話題に上がるデング熱! デング熱を媒介する蚊の

記事を読む

ka

デング熱!日本の状況2015~妊婦や糖尿病の人は重症化の可能性が大~

毎年デング熱は日本で確認されている 2015年も必ずデング熱は流行ると思います すでにニ

記事を読む

菌1

レジオネラ菌~家庭での予防法と症状~初夏が危ない!銭湯は注意!

レジオネラ菌は初夏に多い レジオネラ菌に感染する人は、梅雨から夏にかけてが多いの知ってます?

記事を読む

Comment

  1. […] 引用元-日焼け顔のカサカサやかゆみ、ほてりのケアは?2段階で念入りに! | 何がでるかな^^気になるガチャガチャ発信局!−Blog− […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

黒米
黒米の炊き方は?甘酒も作れる黒米の栄養と効能は健康と美容に^^

古代米といわれる黒米はもち米の一種です。名前のとおり黒いお米ですが

黒豆茶の効能は不妊や便秘予防!高血圧や膀胱炎にも!女子必見♪

おせち料理に欠かせない黒豆!それをお茶にしたのが黒豆茶です。体にい

029
インフルエンザ対策グッズ!予防ならこれ!厳選の3つ紹介^^

インフルエンザが流行りだすと風邪っぽい人が周りにいるだけでつい疑っ

048
若返りホルモン[DHEA]はこの食べ物[食材]で!簡単に増やす方法

若返りホルモンが存在するの知ってます?DHEAと呼ばれるホルモンの

asiase
足の蒸れを防ぐ!蒸れ解消法!これで臭いも気にせずいつも快適^^

意外にも年中、足の蒸れが心配!そんな人多いですよね。そして蒸れると、当

→もっと見る

PAGE TOP ↑