ひよこ豆の栄養価は?~戻し方も簡単!女性の悩みや美肌におすすめ~

公開日: : 女性が気になること ,


ひよこ豆は女性におすすめ

ひよこ豆
ひよこ豆は、栄養価が高いのでベジタリアンの多いインドでは肉に代わるたんぱく源として食べられているそうです^^

先日、近所のインドカレー店に行ってチキンカレーと豆カレーを食べてみました

自分の中では、チキンカレーはハズレがないと思っているのでいつも頼むのは、ほとんどチキンカレーです

今回は、おすすめということだったので注文してみたら・・・食べてビックリ美味しかったです^^

このお店、本場インドカレー店というだけあってコックさんは、もちろんインドの方で家族で店を切り盛りしています

最近、何気にインドやらネパールなどのひとがやってるカレー店が増えてきたような感じがします

いろいろ話を聞いていると、ベジタリアンの多いインドではひよこ豆のカレーは人気だそうです

ひよこ豆自体、インドではポピュラーらしくカレー以外の料理にも使う家庭料理になくてはならない食材だそうです

今回は、ひよこ豆の栄養価や使い方(戻し方?)などを書いてみます♪

ちなみに、特に、女性におすすめなのがひよこ豆だそうです^^

Sponsored Link

ひよこ豆は、どんな豆!?

048
ひよこ豆のカレーのことを、チャナマサラといいます

チャナ”とは、ヒンドゥ語でひよこ豆を意味して、“マサラ”とは、香辛料のことだそうです

ひよこ豆は、西アジアを原産とする豆で、ひよこの頭のような形をしている豆のことです

食物繊維やミネラル類を豊富に含み、便秘の解消や丈夫な体をつくる効果があるようです

日本では、水煮になった缶詰をよく目にすると思います

こんなのです↓
ひよこ豆缶詰

そして効率よくひよこ豆の栄養を吸収するには、ビタミンCを含む食品と一緒に食べることですって!

まぁあまり間違えないと思いますが・・・うっかり乾燥のひよこ豆を買ってしまっても大丈夫です。戻し方や使い方は簡単!

乾燥のひよこ豆は、たっぷりの水に一晩浸けておくだけで水分を吸収してすぐ使える状態になります

ひよこ豆を浸しておいた水は徐々に吸収されるので、様子を見ながら水を足してください

使い方は、戻し汁ごと茹でて柔らかくするだけ!そしたらすぐ料理に使えます

圧力鍋なら一晩浸けておかなくても大丈夫かもしれませんね。やったことはありませんけど^^;

ひよこ豆の栄養素は女性におすすめ

036
ひよこ豆はたんぱく質やビタミンB1、カルシウム、マグネシウム、カリウムなどのミネラル分を豊富に含んでいます

ざっと調べたらこんなに栄養が豊富でその効果もすごかった^^

【ビタミン】

  • ビタミンE・・・老化予防や生活習慣病の予防など
  • ビタミンB1・・疲労回復や神経機能を正常にたもつ
  • ビタミンB6・・成長促進や月経の正常化、つわりを和らげるなど
  • 葉酸・・・・・・成長促進や貧血予防、胎児にもいい
  • パントテン酸・・ストレス改善や肌と髪の健康維持など
  • ビオチン・・・・皮膚や粘膜の健康維持やアトピーの改善など

【ミネラル】

Sponsored Link

  • カリウム・・・・高血圧の予防、むくみの改善など
  • カルシウム・・・歯や骨をつくり骨粗しょう症の予防など
  • マグネシウム・・骨を丈夫にしたり精神を安定させるなど
  • ・・・・・・・貧血の予防と疲労回復
  • 亜鉛・・・・・・抜け毛予防や二日酔いの予防など
  • ・・・・・・・免疫力の向上や髪や肌の健康維持など
  • モリブデン・・・食道がんの予防など

【その他】

  • 不飽和脂肪酸・・動脈硬化や高血圧予防など
  • 食物繊維・・・・便秘解消

おすすめのひとは、こんな悩みのひと

039
ひよこ豆の栄養素は、お分かりいただけたと思います。では、どんなひとにおすすめかというと・・・

  • 腸内環境を整えたいひと
  • むくみや便秘でお悩みのひと
  • 精神的に不安だったり不眠でお悩みのひと
  • 更年期障害に悩んでるひと
  • 生理痛がひどいひとや生理不順のひと
  • 肌のシミやくすみに悩んでるひと
  • 疲労回復したいひと
  • 骨を強くしたいひと
  • 成長期のこども

もっと具体的にすると・・・

○ひよこ豆の栄養別の効果と効能

  • ビタミンB1の効果で
    糖質の代謝を促進するので疲労回復や肩こりなど筋肉の痛み、だるさや夏バテ解消に効果があります
  • 食物繊維とカリウムの効果で
    むくみの解消と便秘解消に効果があり、老廃物の排出を助けるのでだるさの解消にも効果があります
  • カルシウムとマグネシウムなどのミネラルの効果で
    イライラや不眠など精神を安定させハッピーホルモンと呼ばれるセロトニンをつくるマグネシウム、脳にカルシウムを運ぶ亜鉛などは憂鬱な気分やだるさ、不眠などの解消に効果があります
  • イソフラボンの効果で
    更年期障害や月経不順など女性特有の悩みを解消してくれ、くすみやカサつきなどの肌の悩みを解消し美肌効果もあります
  • 亜鉛の効果で
    女性ホルモンを正常にし細胞を再生させるので皮膚の炎症や傷跡の回復を助け、コラーゲンもつくってくれるので美肌効果があります
  • 食物繊維の効果で
    腸のぜん動運動を活発化させ便秘が解消し、コレステロールを吸着して排泄してくれるので糖尿病や動脈硬化などの予防効果があります
  • カリウムの効果で
    体内の水分の流れを調節してくれるので、むくみの予防効果があります

などです^^すごいでしょ

最後に

048
ひよこ豆と一緒に食べることで美肌などの効果を高める食材がありますので参考までに書いておきます

サラダにしてもいいし、スープなどの煮込み料理にしても美味しくいただけますので、是非どうぞ^^

  • 美肌効果・・・・・・ピーマン、ニンジン、トマト
  • 精神安定効果・・・・レモン、牛乳、チーズ
  • ダイエット効果・・・ブロッコリー、もやし、ほうれん草
  • むくみ解消効果・・・ゴーヤー、キュウリ

最近は本当に本場のカレーを提供してくれる店が多くなりました

チキンカレーも美味しいけど、是非、豆カレーを注文してみてください。クセになります!

女性には特におすすめします♪

Sponsored Link


関連記事

シルク腹巻の効果は冷え予防とデトックス^^女性の数ある悩みに効果的

恥ずかしくない腹巻で身体を守ろう “腹巻”このネーミングだけで抵抗がある人が多いかもしれません

記事を読む

手足の冷え改善~足の冷えは不妊の原因?血流改善で冷えを治す方法~

冷え性の人が気をつけるのは冬だけじゃない 冬は寒いから何するのにも億劫になりがちで嫌な時期です

記事を読む

デトックスウォーターの効果で脂肪燃焼!?デトックスウォーターとは?

デトックスウォーターは簡単 デトックスウォーターは、自分に合った効果や味を簡単に作ることができ

記事を読む

エキストラバージンオリーブオイルの効能!便秘解消&美容&ダイエット

オリーブオイルで便秘解消と…etc 便秘って困りますよね^^;でも大丈夫です!心配いりません

記事を読む

魔法のタオル!キビソ肌友だちで顔もツルツル~芸能人も絶賛!~

すごい魔法のタオル!キビソ 魔法のタオルと呼ばれるキビソ肌友だちは、お肌がつるつるになると人気

記事を読む

ミドリムシのちから副作用と効能~花粉症対策も!知って得する情報~

ミドリムシ製品の副作用はない ミドリムシのちからや緑汁が有名ですが、副作用も気になるところです

記事を読む

黒烏龍茶の効果!便秘に黒烏龍茶は効果なし?真相は、どうなの?

黒烏龍茶がまた流行る予感 黒烏龍茶に効果があるのはマジです!中性脂肪の数値が改善するのは本当ら

記事を読む

若々しくなる方法~食べ物やサプリで女性が摂りたい栄養素を紹介~

いつまでも若々しくいたいのは世の中の女性全ての願い?思い?だと思います。アラフォーにもなるとその

記事を読む

酢しょうがの効果と作り方~血糖値や血圧が高い人におすすめ~

家で簡単にできる酢しょうが!健康に良いって何回かテレビでも取り上げられましたね^^ これ何

記事を読む

植物性乳酸菌の作り方!自家製で簡単!植物性乳酸菌と豆乳ヨーグルト

植物性乳酸菌は自分で作ろう “植物性乳酸菌”の作り方は超簡単!自家製で植物性乳酸菌も豆乳ヨーグ

記事を読む

Comment

  1. […] (ひよこ豆の栄養価は?~戻し方も簡単!女性の悩みや美肌におすすめ~ より抜粋) […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

若々しくなる方法~食べ物やサプリで女性が摂りたい栄養素を紹介~

いつまでも若々しくいたいのは世の中の女性全ての願い?思い?だと思い

みかんの皮を食べると健康になる!栄養と効能紹介♪がんも抑制?

冬はコタツにみかん!昔からよく言いますね^^ 実はこれって寒

ワイルドライスの食べ方は炊き方が重要!効果効能と栄養を紹介♪

ワイルドライス!ジワジワと注目されてる今セレブに人気の食材です^^

黒米の炊き方は?甘酒も作れる黒米の栄養と効能は健康と美容に^^

古代米といわれる黒米はもち米の一種です。名前のとおり黒いお米ですが

黒豆茶の効能は不妊や便秘予防!高血圧や膀胱炎にも!女子必見♪

おせち料理に欠かせない黒豆!それをお茶にしたのが黒豆茶です。体にい

→もっと見る

PAGE TOP ↑