ココナッツオイル効能と副作用~ケトン体&中鎖脂肪酸の効果がすごい~

公開日: : 最終更新日:2017/01/11 アンチエイジング , ,


ココナッツオイルは美容効果抜群

ヤシの実
スーパーモデルのミランダ・カーさんも「ココナッツオイルなしでは生きて行けない」と公言するくらい愛飲しています。ナント!1日大さじ4杯は摂ってるそうです。まるでサプリ感覚ですね^^

ミランダさんといえば、チアシードなどのスーパーフードを食生活に摂り入れているのも有名です。ミランダさんもそうですが、モデルやタレントさんは、美容にいいものをたくさん摂り入れてるから抜群のスタイルや美容と健康を維持できてるんだと思います。

で、ココナッツオイルの代表的な成分と効能がこれ!

  • 中鎖脂肪酸・・・ダイエット効果
  • ラウリン酸・・・細菌やウイルスから守る(免疫力向上と抗菌)
  • ケトン体・・・脳の栄養素(ボケ防止)

ケトン体は、中鎖脂肪酸が合成されてできるんです^^

素晴らしいのは、天然のエキストラバージンココナッツオイルに副作用がないこと!だから注目されているんですね。ただし、稀にアレルギーを起こす人も居るそうなのでチョッとは注意した方がいいかもしれません。まぁ心配することがないレベルみたいですが・・・

気になるアレルギーの症状は

  • うでや太ももに湿疹が出る
  • 下痢を起こす

だそうです。いきなり飲むと下痢になるらしいけどそれはアレルギーじゃないです。それより効果がすごい!調べてビックリ!まとめてみました♪少し長くなりましたが暇つぶしにどうぞ^^

Sponsored Link

ココナッツオイルとココナッツミルクどっちがいい?

037
ココナッツの固形の胚乳の部分を削って、煮出したり絞ったりしたのがココナッツミルクです。ビタミンEを豊富に含んでおり、肌に塗ることで保湿剤としての効果があります。

髪にも使用でき、コンディショナーとしての役割があるので髪にツヤやハリを与えるそうです。難点は、常温だと傷みやすいことなんですって^^;

そして、ココナッツの固形の胚乳を圧搾し抽出した液体(ココナッツミルク)を分離させて作るのがココナッツオイルです。軽く温めるとサラリとした感触になり、良い香りがするのでボディケアフェイシャルケアにも使われます。

ミルクと同じで中鎖脂肪酸などを豊富に含み、保湿やエイジングケアに優れているんです。ミルクと違うのは、オイルは劣化しにくいので長期保存に適している点です。

ココナッツミルクから取り出されたココナッツオイルは、成分が凝縮され高い効果を発揮すると言われています!知れば知るほどココナッツオイルを摂りたくなりますよね?

副作用についてはこちらもどうぞ⇒ココナッツオイルの副作用はないと思って大丈夫~天然成分の効果~

中鎖脂肪酸がダイエットに効果がある

026
ココナッツオイルは中鎖脂肪酸を最も多く含む食品といわれています。ちなみに、ココナッツオイルの含有量は60%ですが、中鎖脂肪酸100%のオイルも存在します。それは、最近、痩せると話題のMCTオイルがそうです。

その中鎖脂肪酸ですが、吸収や分解が早いので、すぐエネルギーにり体内に蓄積されないので太りにくい成分として注目されてるんです。

長鎖脂肪酸と比べると10倍の速さで分解され燃焼しちゃうし、牛や豚などの動物性脂肪の燃焼を助け、さらに体内についてしまった体脂肪を減らしてくれる効果もあるんです。また、人が動くときのエネルギー源のひとつケトン体がテレビで特集されましたが、中鎖脂肪酸が合成されてできるこの成分が痩せるために大きく貢献してくれます。

体内では炭水化物の糖質“ブドウ糖”が優先的なエネルギーとして最初に燃焼されます。ブドウ糖が少なくなっても代わりのエネルギー源がないと脳は「食べろ~」と指令を出します。その結果なかなか痩せることができないのです。太るサイクルがこれです↓

  1. ブドウ糖がエネルギーに変わり消費される
  2. 血液中のブドウ糖が低下する
  3. ブドウ糖が低下したことで脳が食べろと指令をだす
  4. 食欲が沸くから食べてしまう

でも、ここにもうひとつのエネルギー源があればどうなると思います?そのもうひとつがケトン体です。ケトン体は肝臓で脂肪が分解されてできる成分なのでエネルギーのブドウ糖が少なくなると代わりのエネルギーになるんです。

簡単にいうとブドウ糖からケトン体にバトンタッチすることで脳は「食べろ」と指令を出さなくなるので食欲が抑えられ痩せられるんです。

  • 脂肪が燃焼⇒ケトン体ができる⇒エネルギー源になる

脂肪が効率よく燃やされて痩せるんですね。これがココナッツオイルの成分“中鎖脂肪酸”の効能です^^

中鎖脂肪酸がコレステロール値を下げる

027
ココナッツオイルの主成分中鎖脂肪酸はコレステロール値をほとんど上げないのが特徴です。

Sponsored Link

普通、身体に摂り込まれた脂肪はコレステロール値を上げ中性脂肪を増やします。でも、ココナッツオイルの中鎖脂肪酸は中性脂肪を増やさないので太りにくいんです。また、中鎖脂肪酸は善玉コレステロールを増やし悪玉コレステロールを減らしてくれます。

余ったコレステロールは酸化して動脈硬化の原因になりますが、減らしてくれるので心臓病のリスクも軽減されるのです。同じ効果があるものではオリーブオイルが有名ですね。

ココナッツオイルは代謝を上げる

028
普段使うサラダ油は、代謝を下げるといわれています。これは甲状腺の機能を下げるからのようです。

代謝が下がるとカロリーを消費する働きが減り、結果、体脂肪となって太ってしまいます。また、肌荒れやくすみ、寒気やむくみ、便秘や月経不順などの症状も現れます。でも、ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸はサラダ油の長鎖脂肪酸の代謝を促す効果があるので美容効果が期待できるんです。

ココナッツオイルで便秘解消

029
ココナッツオイルは、小腸にある細かい腸絨毛に吸収されやすいので腸内の汚れを掃除してくれる働きがあります。

すると、小腸が正常に働くようになり便秘解消になるんです。便秘の状態が続くと肥満の原因になるし、大腸ポリープやさらには大腸がんになる恐れもあるんで怖いんですよ。また、便秘と肌は深い関係があり、便秘が解消されると・・・

  • 肌のハリやツヤがでる
  • ニキビや肌荒れが解消される
  • くすみが取れる

などの効果があります。それに、便秘解消はダイエットにも効果的ですよね^^

肌のシワを改善し美白効果がある

029
トコトリエノールもココナッツオイルに多く含まれています。あまり聞きなれない成分ですが、これはビタミンEの一種で強力な抗酸化作用を持つ栄養素です。抗酸化作用のほかにも、コレステロールや中性脂肪を減らす作用を併せ持っています。

ビタミンEはご存知のとおり美容効果の高い成分です。シワなどの肌トラブルの改善など美容効果が期待できます。

他にあるココナッツオイルの効果

  • 活性酸素を除去する・・・ケトン体が効果を発揮
  • アトピーに効果・・・肌に直接塗って効果を発揮
  • 糖尿病の予防や改善・・・中鎖脂肪酸がインスリン抵抗性を改善
  • 心臓疾患のリスクを回避・・・中鎖脂肪酸がリスクを回避
  • 免疫力の向上と維持・・・ラウリン酸がウイルスや菌に効果
  • 認知症アルツハイマーの予防と改善・・・脳の栄養はケトン体でカバー

ココナッツオイルをおいしく摂るには

016
初めての人がいきなりミランダさんの真似をしてオイルをそのままを摂ると、消化不良や腹痛、下痢を起こす可能性があります。なので、初めての方は、最初、飲み物や食べ物に混ぜ、慣れてきたらオイルをそのまま飲むようにしましょう。

簡単なのは、ジュースやスープに混ぜるとかですが、他にも“簡単でおいしい”ものがあったのでいくつか紹介します♪

  • トーストに塗る(風味がよくなる)
  • スムージーに入れる(味はかわらない)
  • 目玉焼きを焼く(きれいに焼ける)
  • コーヒーに入れる(コクがありおいしくなる)
  • 紅茶に入れる(まろやかになる)
  • ドレッシングにする(塩コショウとオイルだけ)

念のためにオイルを飲む場合の目安です。

  • 大人・・・・・・1日大さじ2~4杯(3~5g)
  • 7~12歳・・・1日小さじ4杯まで
  • 2~6歳・・・・1日小さじ2杯まで

参考までに、アメリカで大人気のココナッツオイルがこのNutiva(ヌティバ)です。
ヌティバオイル

最後に

050
ココナッツカレーが脳に効果があるかもと発表されました。たぶんココナッツオイルに含まれるケトン体の作用やスパイスのウコンに含まれるクルクミンの作用だと思います。それともうひとつウコンに含まれる活性成分のターメロンだそうです。このターメロンの研究が進んでいるようです。まだ研究段階のようですが、その内アルツハイマーの治療は食事療法で!なんてことになるかもしれませんね^^

Sponsored Link


関連記事

大根の栄養と効能~大根おろしが栄養満点~美肌を保ち痩せたい人必見

冬が旬の野菜といえば大根^^ 寒い時期は、葉物野菜に比べ比較的安く手に入る大根、スーパーに買い

記事を読む

活性酸素を減らす食べ物や除去するもの~アトピーも活性酸素が原因~

活性酸素を減らす食べ物はアトピーにも 活性酸素は、老化を早めたりアトピー性皮膚炎やアレルギー疾

記事を読む

銅と亜鉛のサプリメントはアンチエイジングに必須~鉄分も大事~

40代になると気になるのがアンチエイジング! アンチエイジングとは、簡単に言うとシミやシワなど

記事を読む

若返りホルモン[DHEA]はこの食べ物[食材]で!簡単に増やす方法

若返りホルモンが存在するの知ってます?DHEAと呼ばれるホルモンのことです。成長ホルモンとも言い

記事を読む

プラセンタで髪の毛が!?女性の髪はプラセンタで美しくなるんだよ^^

サプリのプラセンタで髪の毛に変化が♪これ女性にうれしいプラセンタ効果のひとつです^^ プラセン

記事を読む

ココナッツオイルの副作用はないと思って大丈夫~天然成分の効果~

ココナッツオイル愛用のモデルやセレブ達 ココナッツオイルはダイエットや美容に効果があることで注

記事を読む

ワイルドライスの食べ方は炊き方が重要!効果効能と栄養を紹介♪

ワイルドライス!ジワジワと注目されてる今セレブに人気の食材です^^ というのも、ワイルドラ

記事を読む

必須アミノ酸の効果と効能~人の身体に必要な栄養分は9種類^^~

必須アミノ酸て何だろう? 必須アミノ酸ってよく聞きますよね^^最近はTVショッピングなどでサプ

記事を読む

若さを保つ食べ物でアンチエイジング!すぐ食べたい食材は5種類

老化現象は女性の敵~アンチエイジングで若い肌を取り戻そう~ アンチエイジング!最近よく聞くフレ

記事を読む

オリーブオイルの効能と副作用~アンチエイジング効果の5つの成分~

飲む健康法があるオリーブオイル ヨーロッパでは、オリーブオイルを飲む健康法が人気だそうです^^

記事を読む

Comment

  1. […] これも愛飲してます↓ ココナッツオイル効能と副作用~ケトン体&中鎖脂肪酸の効果がすごい~ […]

  2. […] 肪酸と比べると10倍の速さで分解され燃焼します^^ また、牛や豚などの動物性脂肪の燃焼を助け、さらに体内についてしまった体脂肪を減らしてくれるんです。 – http://kininaru.biz/ […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

若々しくなる方法~食べ物やサプリで女性が摂りたい栄養素を紹介~

いつまでも若々しくいたいのは世の中の女性全ての願い?思い?だと思い

みかんの皮を食べると健康になる!栄養と効能紹介♪がんも抑制?

冬はコタツにみかん!昔からよく言いますね^^ 実はこれって寒

ワイルドライスの食べ方は炊き方が重要!効果効能と栄養を紹介♪

ワイルドライス!ジワジワと注目されてる今セレブに人気の食材です^^

黒米の炊き方は?甘酒も作れる黒米の栄養と効能は健康と美容に^^

古代米といわれる黒米はもち米の一種です。名前のとおり黒いお米ですが

黒豆茶の効能は不妊や便秘予防!高血圧や膀胱炎にも!女子必見♪

おせち料理に欠かせない黒豆!それをお茶にしたのが黒豆茶です。体にい

→もっと見る

PAGE TOP ↑