サウナ効果~減量は錯覚?サウナで健康維持&死亡のリスクを回避~

公開日: : ダイエット , ,


サウナの効果はいろいろある

湯
サンタクロースの故郷フィンランドは、サウナが大好きな国として有名ですね^^

最近では心臓病などの病気で死亡するリスクも低くなるという調査結果もでました

これについては、最後のほうで紹介しようと思いますが、まず、サウナの効果には

  • 美肌効果
  • デトックス作用
  • ダイエット効果
  • リラックス効果
  • 冷え性改善

などが有名です。サウナの温度や効果などについて調べてみました

Sponsored Link

高温より低温サウナがおすすめ

026
サウナ好きは「高温のサウナだからいいんだ」とか「高温じゃないと汗をかかないから入った気がしない」とかよく言います

でも本場フィンランドのサウナは、室温70~80度と優しい温度設定が主流だそうです

スチームサウナなどの低温サウナでもゆっくり入ることでリラックスできるしじっくり汗をかけるのでおすすめです

それに心臓への負担も少なくてすみます。50度くらいのサウナなら長く入ることができるので効率的だし効果が高いです

福祉施設のサウナが低温なのは、高齢者に負担がかからないようにするのとより効果を感じられるようにするためみたいです

それでも充分効果はあるからです^^

ニキビ改善や美肌効果

027
韓国のアカスリが一次ブームになりましたが、覚えてますか?

身体が温まることで汗線が機能し皮脂腺が活性化され、毛穴の奥の汚れや古い皮脂が落ちやすくなるからです

これを利用したのが韓国のアカスリですね^^

血流がよくなり毛穴が広がることで古い皮脂が落ち汗腺から汗と一緒に老廃物がでて肌がすべすべになるんです

ほかにデトックス効果や免疫力の向上も期待できます

女性に多い冷え性にも効果的

028
女性に多い冷え性ですが、血行が悪く新陳代謝が低下するのが原因のひとつと言われています

体温が低いと身体の不調や病気になりやすいのは免疫力が低下するからです

サウナで汗を流すと毒素を体外に排出するデトックス効果があるので新陳代謝がよくなり、結果、冷えやむくみを改善できます

気づくと肩こりや偏頭痛が解消されたという人も多くいるからサウナってすごいですよね

ダイエット効果はあるのか?

029
汗を流すことで、代謝がよくなりダイエット“効果”はあります

ここで錯覚しやすいのが痩せる=体重が落ちたとなることです。が、実際には痩せたわけじゃないです

残念ながら体重が落ちたのは水分が汗となって排出されたからなので、脂肪が無くなったわけではありません^^;

でも、週に2~3回以上サウナに入る人は新陳代謝がよくなり痩せやすい体質になります

褐色脂肪細胞が、脂肪を燃焼し体温を上げてくれるんです。サウナに入るとこの細胞が活性化します

褐色脂肪細胞は背中から肩や首に集中しているので

  • お風呂に20分以上入る
  • サウナに入り汗をかく
  • 肩甲骨に熱いシャワーと冷たいシャワーを交互にかける

これらで褐色脂肪細胞が効率よく働き痩せやすい体質を手に入れることができるのです

内臓から温めるから効果がある

037
低温サウナは高温サウナと違い長い時間入っていることが可能です

Sponsored Link

この長く入ることにいろいろな効果があります

冷えは外から起きるというより身体の中からです。良く体の心から冷えるといいますが、まさしくそのとおりです

低温サウナに長く入ると体の心、内臓から温まります

内臓から温まめると代謝が上がり血行がよくなるので女性の悩みに多い生理不順などの改善に効果があるのです

サウナに入るとき注意すること

022
体調が悪いときは、入らないのが基本ですが、その他にもいくつかあるので身体に負担をかけないようにしましょう

入る前

  • 飲酒は控える・・・アルコールで必要以上に水分が排出される
  • 食べ過ぎない・・・胃に集中した血液が分散され気分が悪くなる
  • 水分補給する・・・汗で効率よく老廃物を体外にだすため

出た後

  • ゆっくり身体を冷やす・・・血液の循環をよくするため
  • 水分を補給する・・・体中も冷やし繰り返し入る準備をする

効率のいいサウナの入り方

021
サウナに入るなら最低でも3回は入りたいです。その方が効率よく効果を得られます

  1. かけ湯・・・手足から徐々に心臓に向けて湯をかける
  2. 体を洗う・・・皮膚の汚れを落とし汗を出やすくする
  3. 湯に入る・・・体を温め汗をかきやすくする
  4. 水分補給・・・サウナに入る直前に水を飲む
  5. 体を拭く・・・体を拭いておくと汗をかきやすい
  6. サウナに入る・・・20分は入りたい
  7. シャワーを浴びる・・・冷たいシャワーかぬるいシャワーで汗を流す
  8. 身体を冷やす・・・体温を下げる
  9. リラックスする・・・休憩して汗が引くのを待つ

これを繰り返します。好きな人は1時間以上お風呂から上がってこないという人も・・・^^

どんな病気の死亡率が低くなったのか

029

サウナに定期的に通っているひとは、それほど行かないひとに比べ長生きし、突然の心臓発作で死亡する確率も低いとの調査結果をまとめた研究論文が、米国医師会雑誌に掲載されました
引用:ヤフー

週1回サウナに入るひとと比べ

突然の心臓発作では

  • 週2~3回 22%低い
  • 週4~7回 63%低い

冠状動脈性心臓病では

  • 週2~3回 23%低い
  • 週4~7回 48%低い

心疾患では

  • 週2~3回 27%低い
  • 週4~7回 50%低い

全体の死因でみると

  • 週2~3回 24%低い
  • 週4~7回 40%低い

と死亡率が低いと調査結果ででたそうです。そしてサウナに20分以上入る方が10分くらいで出るより効果が高いようです

最後に

005
サウナに入ると、血行改善美容効果心臓機能の向上ホルモンバランスの回復リラックス効果があります

リラックス効果が、うつ病の緩和にも注目されているそうです

最近は、自宅のお風呂に跡付けのスチームサウナも取り付けられるので健康のために設置を考えるのもいいかもしれません

  • 新陳代謝がよくなるので、肌の再生により美容効果がある
  • 血液の循環がよくなり軽い疲労感を感じよく眠れる
  • 血液の循環がにより老廃物がでるデトックス効果で健康効果
  • マイナスイオンでリラックス効果

美容と健康のため、比較的料金が安い公共のお風呂でサウナに入るといいかも^^

Sponsored Link


関連記事

炭水化物ダイエット!世界一受けたい授業で炭水化物ダイエットの常識が!?

炭水化物抜きダイエット流行ったけど・・・ 世界一受けたい授業の2時間スペシャルで京大の森谷先生

記事を読む

昼りんごダイエット方法!夜りんごダイエット効果~食物繊維がカギ~

美しく痩せたいならりんごを食べよう 昼と夜にりんごを食べるダイエットのメリットは効果がでやすい

記事を読む

正月太り解消は運動より短期ダイエットで!3日で体重を戻す方法

お正月が過ぎると悩むことはただひとつ体重です! お正月が過ぎて体重計に乗るのが怖い人がほとんど

記事を読む

みるみる簡単に痩せる方法!運動が苦手な人も痩せられる4つの方法

油断したらあっという間に太った・・・ みるみる簡単に痩せるには、どうしたらいいのか?しかも運動

記事を読む

Lカルニチンの効能は痩せる~好きな物食べて痩せる3つのポイント~

食べても痩せたい人に朗報です たまたま見てたテレビでカルニチンでダイエットなんてのをやってまし

記事を読む

全身浴でカロリー消費と足のむくみ解消方法~半身浴でもOK~

足のむくみは筋肉量の低下です 女性の方は妊娠中に脚がむくんだりします 出産後も足のむくみが取

記事を読む

短期間ダイエット方法!1週間で3kg痩せるには、まず生活習慣から

普段の生活リズムを替えて痩せ体質になろう! 短期間のダイエット方法は、まず1週間生活習慣を見直

記事を読む

1番痩せる食べ物!冷やご飯の効果~しっかり食べて痩せる方法は?~

食べて痩せたいなら冷やご飯!? しっかり食べて痩せたい!なら、ご飯を食べましょう^^ 1

記事を読む

女性が痩せやすい時期にプチ断食でデトックスダイエット!3日で-3kg

女性が痩せやすい時期 女性が痩せやすい時期があるの知ってますか?ダイエットするなら知っておきた

記事を読む

低糖質ダイエット方法とメニュー~彦摩呂もセレブもモデルも朝食から~

抵糖質ダイエットを聞いたことありますか? 最近、彦麻呂さんがこの方法で20キロの減量に成功した

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

黒米の炊き方は?甘酒も作れる黒米の栄養と効能は健康と美容に^^

古代米といわれる黒米はもち米の一種です。名前のとおり黒いお米ですが

黒豆茶の効能は不妊や便秘予防!高血圧や膀胱炎にも!女子必見♪

おせち料理に欠かせない黒豆!それをお茶にしたのが黒豆茶です。体にい

インフルエンザ対策グッズ!予防ならこれ!厳選の3つ紹介^^

インフルエンザが流行りだすと風邪っぽい人が周りにいるだけでつい疑っ

若返りホルモン[DHEA]はこの食べ物[食材]で!簡単に増やす方法

若返りホルモンが存在するの知ってます?DHEAと呼ばれるホルモンの

足の蒸れを防ぐ!蒸れ解消法!これで臭いも気にせずいつも快適^^

意外にも年中、足の蒸れが心配!そんな人多いですよね。そして蒸れると、当

→もっと見る

PAGE TOP ↑