アクセス頂きありがとうございます。あんちゃんです。気になる情報を発信します^^

タイの台所シリーズ!?タイの台所より安く旨い本場インスタントがある

Sponsored Link

最近タイ料理が人気だけど・・・

タイ
最近、パクチーだとかタイの食材が人気ですね!

タイの台所のオンラインショップも大盛況だとか・・・

なぜ、人気なのかというと東南アジアの料理の中でも一番日本人に合うのがタイ料理だそうです

  • すっぱい
  • 辛い
  • 甘い
  • しょっぱい

これらの味が混ざり合っているので、馴染めなかったり、パクチーなどのハーブが苦手な人もいると思います

でも、ご飯といっしょに食べるグリーンカレーなどは意外にハマります。日本人に合うというのはご飯に合うという視点からなんです

また、タイ料理に欠かせないスパイスやハーブは医食同源の思想から、身体を健康に保つための食材が多いです

最近、日本のヘルシー志向にあっているのも人気のひとつかもしれません

流行のタイの台所シリーズの前に、タイ料理を試したいひと向けにスーパーで売っているものを紹介します

Sponsored Link

タイ料理の特徴は?ちょっとした雑学

048
まずは、タイ料理の特徴です!

タイ料理は、中国やカンボジア、マレーシア、ラオス、ミャンマーなどの料理の影響を受けているそうです

代表されるのは、ナンプラー(漁醤)ですが、ベトナムやカンボジア料理にも使われています

その他の特徴に、

  • 香辛料や香味野菜、ハーブが多く使われていること
  • 辛味、酸味、甘味などを多彩に組み合わせた味付け
  • マナオと呼ばれるレモンに似たものが多く使われていること
  • 自分好みに味を替えて食べる。味噌汁と同じで各家庭の味がある

マナオはレモンでもなくライムでもなく、その酸味や香りはソムタムやトムヤムなどのタイ料理に必須の食材です

生マナオは日本へ輸入されてないし、日本ではまず生産されてないので日本にある本場タイ料理店は冷凍のものを使っているそうです

そして、タイの食卓には、砂糖、酢漬け唐辛子、ナンプラー漬け唐辛子、粉唐辛子の4つの調味料が備えられています

日本では、出来上がった料理の味を変えるのはタブーですが、タイではどんな料理もこれらの調味料で自分にあった味に替えて食べるんです

だから、タイ旅行で出された食事を自分好みに調整しても失礼になりません

ちょっとした雑学でした。次にスーパーで手に入る本場の味です

Sponsored Link

身近にある本格的なタイの味

お待たせしました!!!

おすすめの本場タイ料理に近いインスタントの商品を紹介します

まずは、インスタントラーメンです

ヤムヤム グリーンカレーラーメン
グリーンカレー
内容量 1袋70g×5袋入り
金 額 250~300円

かなり辛いのですが、やみつきになります

ヤムヤム トムヤンクンラーメン
トムヤンクン
内容量 1袋70g×5袋入り
金 額 250~300円

次に、缶詰です

いなば チキンとタイカレー(グリーン)
いなばカレー
内容量 125g
金 額 100円前後

いなばの缶詰は、タイシリーズの種類が豊富で本格的です。カレーは少し前に売り切れになるくらい流行りました

手ごろな値段の割りに、ココナッツミルクも入ってマジでおいしいです

最後に

021
スーパーで本格的なタイの味を体験できます。個人的には、ヤムヤムのグリーカレーラーメンがおすすめです

タイ料理に使われるハーブなどの健康効果も少し書いておきますね

  • パクチー・・・・・消化促進と解毒作用
  • クラチャーイ・・・胃の健康や整腸作用、解毒作用
  • バイマックルー・・消化作用や血行促進
  • レモングラス・・・消化作用、鎮静作用
  • タイ唐辛子・・・・食欲増進、発汗作用
  • 青パパイヤ・・・・便秘改善、アトピーの改善など

Sponsored Link

いかがでしたか?摂りあえずスーパーでインスタントラーメンや缶詰を試してから口に合えば本場のタイ料理ってのもありだと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です