アクセス頂きありがとうございます。あんちゃんです。気になる情報を発信します^^

脂肪の燃焼の仕方!まずは食べ物で~脂肪燃焼させる4つの栄養素~

Sponsored Link

ダイエット中も欠かせない食事

お腹周り
ダイエットとは、脂肪を燃焼させることですよね?

もちろん、まずは運動で燃焼させようと考えます。しかし、脂肪を燃焼させる食べ物があれば、もっと効率よくダイエットの成果もでると思いませんか?

本屋さんに行けば、ダイエット本コーナーもあるしネットで検索しても、いろいろなダイエット法が紹介されています

そのダイエットを取り組むとき、食事にも気を使い効果を出しちゃいましょう♪

Sponsored Link

脂肪を燃焼させる4つの栄養素

039
まずダイエットの最強の方法は、食事制限ということを知っておきましょう

ダイエットのために運動しても、お腹いっぱいにいつもどおりの食事をしていたら痩せません^^;

もっと言うと、運動しなくても食事制限だけで痩せることはできます!

このふたつ、適度な運動(軽い運動でOK)と食事制限をやれば効率よく痩せることができるんです

さらに、適度な運動で筋肉をつけるとリバウンドを抑えることもできます

ではダイエットに効果的な脂肪を燃焼させる栄養素は何かというと・・・

  1. L-カルニチン
  2. カテキン
  3. ビタミンB群
  4. コエンザイム

この4つです。それぞれが持つ役割について説明していきます

L-カルニチンの役割と多く含む食材

026
細胞内で脂肪を燃焼させるミトコンドリアに脂肪を運ぶ役割をもっているのがL-カルニチンです

テレビでも特集されました^^

イメージは、脂肪をエネルギーに変える焼却炉(ミトコンドリア)に脂肪を運搬(L-カルニチン)するというと分かりやすいですかね

脂肪燃焼サプリメントの主成分としてもよく用いられています。が、注意は過剰に摂取すると下痢をすることです

できるだけ食物で摂ることをおすすめします

ちなみに厚生労働省では1日当たりの摂取量として1000mg以内としています

○L-カルニチンを多く含む食材(100g中)

マトン(羊) 約220mg
ラム肉(仔羊)約190mg
牛肉     約110mg
豚肉     約35mg
鶏肉     約9mg

岩ガキ赤貝などの貝類やロブスターにも含まれていますが、羊肉や牛肉ほどは含みません。豚肉と同じくらいです

カテキンの役割と多く含む食材

027
緑茶や紅茶を飲むと感じる渋みがカテキンです。カテキンは殺菌作用のある成分としても有名ですね

最近、メーカーが競って販売しているトクホ商品にはカテキンが多く含まれています

中性脂肪の減少に効果を発揮し血糖値上昇を抑制する作用があるからなんです

体内に脂肪を蓄積させてしまうインシュリンの分泌も抑えることができるともいわれています

カテキンの副作用はありません。しかし、お茶に含まれるカフェインには不眠や胃腸の不快感などの副作用があるので念のため知っておきましょう(稀です)

○カテキンを多く含むもの

緑茶
煎茶
番茶
ほうじ茶

などのズバリ日本茶です。効率よく摂るには、茶葉をミキサーなどで粉末にしてからお茶にして飲むか、ふりかけや調味料に混ぜると効率よくミネラルやビタミンも摂取できます

Sponsored Link

ビタミンB群の役割と多く含む食材

028
ビタミンB群8種類のビタミンがあります

ビタミンB1・・・糖質をエネルギーに変える
ビタミンB2・・・糖質や脂質、タンパク質からエネルギーをつくる
ビタミンB6・・・タンパク質や脂肪を代謝させる
ビタミンB12・・・貧血を予防する
ナイアシン・・・糖質や脂質、タンパク質を代謝させる
パントテン酸・・・脂質や糖質、タンパク質をエネルギーに変える
葉酸・・・タンパク質をつくる
ビオチン・・・糖質やタンパク質をエネルギーに変える

があります。ほかにも効能がありますが、脂肪燃焼に関係するものをあげてみました^^

糖質や脂質、タンパク質の代謝に深く関わる栄養素で、ビタミンB群が不足すると脂肪は体脂肪になります

また、余分な糖質も脂肪となって蓄積されてしまいます

○ビタミンB群それぞれを含む食物

ビタミンB1・・・胚芽米玄米豚肉も豊富
ビタミンB2・・・レバーうなぎ納豆など
ビタミンB6・・・肉と魚に豊富。バナナ、ナッツ、大豆など
ビタミンB12・・・牛レバーや豚レバーが豊富。魚介類と牛乳など
ナイアシン・・・豆類や果実類に豊富。かつおやブリなども
パントテン酸・・・牛乳や卵などほとんどの食品に含まれている
葉酸・・・ほうれん草などの緑黄色野菜とレバーなど
ビオチン・・・ほとんどの食品に含まれている

コエンザイムQ10の役割と多く含む食材

029
細胞の脂肪酸を燃やしてエネルギーにするのが、コエンザイムQ10です

コエンザイムQ10は、美容のスキンケアで有名ですが、脂肪燃焼にも欠かすことのできないのです

年齢とともに少なくなっていくので、効率よく摂取すると脂肪燃焼をサポートしてくれます

○コエンザイムQ10を含む食品(100g中)

コエンザイムQ10は、人の体内で合成される物質です。が、魚や牛や豚の体内でも同じようにつくられています

イワシ  約6mg
サバ   約4mg
豚肉   約3mg
ゴマ油  約3mg
牛肉   約3mg
ナッツ類 約2mg
イカ   約2mg

これらは、毎日の食事で食べる機会も多いと思います。ということは毎日摂取しているんです^^

しかし1日100mgほど必要といわれているので食事だけでは無理かもしれませんね・・・

最後に

050
ダイエットするときは、この4つの栄養素を効率よく摂ることができれば成果もあがりやすいし短期間で効果を感じることができると思います

ものによっては、食事で充分な量を摂取するのが難しいものもあります。そのときはサプリメントを補助的に取り入れてもOKです!コエンザイムQ10などがそうですね^^

Sponsored Link

ダイエットのコツは、無理をしないことが前提です。また、成果を目で見て分かるように体重やお腹周りのサイズを定期的にチェックするのがおすすめです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です