アクセス頂きありがとうございます。あんちゃんです。気になる情報を発信します^^

大根の栄養と効能~大根おろしが栄養満点~美肌を保ち痩せたい人必見

Sponsored Link

冬が旬の野菜といえば大根^^

大根
寒い時期は、葉物野菜に比べ比較的安く手に入る大根、スーパーに買い物に行くとついつい買ってしまいません?でも、それ大正解なんです!使い勝手も栄養も葉物野菜に負けてません。

大根と言えば、鍋なんか最高ですよね。他にもサラダやブリ大根!どれも美味しそうですね・・・あと、おでんも^^

クックパッドで探せばいくらでもあるけど、やはり簡単に早く作れるといったら鍋かな?野菜もたくさん摂れるし身体も温まる。しかも、味のレパートリーは自由自在♪味噌にしょうゆに水炊き・・・etc

今回は安いからって「毎日大根じゃ、ちょっときつい」と思ってる方におすすめしたい大根の栄養効能を紹介しちゃいます。あと効率よく栄養をとれる方法も^^

知れば絶対!「今日はどうやって大根を食べようかな?」なんて思うはずです♪

Sponsored Link

大根の栄養素でダイエットとアンチエイジング!

アンチエイジング
さて、大根はダイエットアンチエイジングに効果がある成分が豊富に含まれているの知ってます。大根ダイエットなんて聞いたことありませんか?

大根に含まれるイソチオシアネートという辛味成分が、代謝をアップしてくれダイエットに効果があります。

それに、葉に含まれるカロテンはむくみ防止に効果があり、豊富に含まれるビタミンやミネラルにはアンチエイジング効果があるんです。

そして、何と言っても有名なのがジアスターゼ!これが消化を助けダイエットとアンチエイジングに作用してくれるんですって^^

これらは全て大根に多く含まれているんです。すごくないですか?

大根の栄養を一番効率よく摂れて効果を得るには?

016
それは生で食べることです。しかも、サラダより大根おろしがおすすめ!辛味成分が大事なんですって^^

大根おろしで食べると細胞の代謝が速くなって老廃物を排出しやすくなるそうです。すると、余分な脂肪細胞も少なくなるそうです。

イソチオシアネートを効率よく摂るには大根おろしで食べるのが一番ですが、場所にポイントがあります。この成分は大根の先端部分と皮に多いのでよく洗ってそのままおろして食べるのがおすすめになります^^

注意するのは、イソチオシアネートは分解が早くすりおろして15分で半減するらしいので早めに食べることです。

まだまだある大根の効能と栄養!

026
少し書きましたが、大根には、他にも色々な効能がありアンチエイジングやダイエットだけではありません。それに食べるだけじゃなくて直接肌につけるとニキビケアになったりと美肌効果もあるんです。

大根の効能     

  • 消化不良胃酸過多の改善
  • 二日酔い頭痛発熱
  • ニキビケアやアトピー性皮膚炎に効果
  • 冷え性がんの予防
  • 動脈硬化脳卒中心筋梗塞の防止
  • 胃潰瘍胃炎に効果
  • 便秘の解消

などなど・・・ざっと調べてもこれだけあります。

Sponsored Link

栄養成分はどうかというと・・・     

[ビタミン]

  • ビタミンA(葉)・・・皮膚や粘膜の健康維持・視覚の正常化
  • ビタミンC・・・老化防止・美肌効果・がん予防
  • ビタミンB1・・・疲労回復・糖質をエネルギーへ
  • ビタミンB2・・・皮膚や粘膜の健康維持・たんぱく質をエネルギーへ
  • ビタミンB6・・・皮膚や粘膜の健康維持・たんぱく質をエネルギーへ
  • ナイアシン・・・皮膚や粘膜の健康維持・たんぱく質をエネルギーへ
  • 葉酸・・・脳卒中や心筋梗塞などの循環器疾患の防止
  • パントテン酸・・・抗ストレス効果動脈硬化を予防
  • ビオチン・・・アトピー性皮膚炎に効果・美肌効果
  • カロテン・・・目、皮膚、粘膜の健康維持・生活習慣病の予防

[ミネラル]

  • ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン
  • 鉄 亜鉛 銅 マンガン ヨウ素 セレン モリブデン

[酵素など]

  • ジアスターゼ・・・消化不良解消・胃もたれ胸やけ防止、解毒作用
  • フラボノイド・・・老化防止生活習慣病の予防
  • 食物繊維・・・心筋梗塞や糖尿病肥満などの予防 便秘予防

胃腸に良いといわれるのは、でんぷんの消化酵素であるジアスターゼグリコシターゼなどの酵素が含まれているためで食物の消化を助け腸の働きを整えてくれるからです。

ジアスターゼには、発ガン物質の解毒作用もあるので焼き魚の付け合せは意味があったんですね^^

また、お酒を飲む人に朗報なのが二日酔いの胸焼けに効くことです。二日酔いのとき大根おろしを食べると胃の不快感が解消し、ビタミンCが肝臓の働きを高めてくれます。

気になるビタミンCはどこに?     

ビタミンCは、中心より皮に多く約2倍も含んでいます。だから、皮をきれいに洗ってそのまま食べた方が効率よく摂取できます。

また、ビタミンCは根より“葉”に多く含まれていて、さらに葉にはカロテンも多く含まれているので老化防止や美肌効果、がん予防などには、葉を食べた方が効果的なんだとか!

葉には、他にビタミンB1、B2、カルシウム、ナトリウム、リン、鉄などの成分を多く含み、まさに栄養満点なんですね^^

なので、大根は、葉つきのものを手に入れてください♪

大根おろしにしてとにかくたくさん食べるには

大根おろし
大根をメイン?にした変わり鍋の作り方を紹介します。冬は、やはり鍋です。身体も暖まるし鍋なら大根を多く食べられるから一石二鳥です。

【材料】

  • 大根(葉つき)1本
  • みずな1袋
  • 豆腐1丁
  • しいたけ1袋
  • にんじん1本
  • ねぎ2~3本
  • 鶏のもも肉3枚

【基本のスープ】

  • 水 8カップ(1600ml)
  • だし昆布 10㎝
  • 酒 100cc
  • コンソメ顆粒 大さじ1
  • チキンスープの素 大さじ1
  • 塩(天然塩)小さじ4~
  • こしょう 少々

【作り方】

  1. 大根1本良く洗って皮のままおろします。
  2. 大根の葉と野菜、豆腐を食べやすい大きさにざく切りにします。
  3. 鶏のもも肉もひと口大の大きさに切ります。
  4. 鍋に【基本スープ】の材料を入れて、20~30分程煮込む。
  5. 4に鶏もも肉を入れて、火が通ったら他の材料を入れて煮込む。

豆腐を入れ食べる直前におろした大根を鍋全体に入れ、一煮立ちさせれば出来上がり、そのままでも充分ですが、「味ぽん」でもいけます。「もみじおろし」「柚子胡椒」を薬味としても美味しいですよ^^

大根おろしを鍋に入れるときは一番最後にするか、食べる直前に大根おろしをかぶせると効率よくイソチオシアネートを摂取できてダイエットに効果的です。

最後に

005
大根が身体に良いのが分かっていただけたと思います。しかも、生の大根おろしで食べるのが一番だということ!

納豆と大根おろしやなめこと大根おろし、モズクと大根おろしなど食べ方はたくさんありますから、自分でアレンジして美味しい食べ方を発見するのもおもしろいと思います^^

なんだか、毎日でも食べられそうでしょ^^

Sponsored Link

おすすめ記事

Comment (1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です