えごま油の効能と摂取量~純えごま油100 森公美子も絶賛!~

公開日: : 最終更新日:2016/02/02 女性が気になること ,


おしゃれイズムのお土産に

えごま油1
食通の森公美子さんが「おしゃれイズム」に出演しました。

そのとき手土産に持ってきたのが、銀座千疋屋のフルーツヨーグルトともうひとつが純えごま油100です。

純えごま油100は販売元は日本ですが、原料となるえごま油は中国産です。正直、ここが少し気になりました^^;

えごま油の効能といえば「たけしのみんなの医学」でも取り上げらたので、覚えていた人もいると思います。

  • 血液をサラサラにするのでアンチエイジングを期待できる
  • 油を分解し脂肪燃焼の手助けをするので太らない
  • 脳の活性化で学習能力を高め認知症予防にも期待できる

森公美子さんもこれを知って愛用してるのかも・・・

ちなみに値段は、内容量250mlで1980円!ちょっと高いです。

今回は、えごま油に興味があったので調べてみました♪

Sponsored Link

えごまとは?

えごま
まず原料となる“えごま”です。原産は東アジアでシソ科の植物です。日本の香味野菜のシソと同じ種類です。

葉はシソより大きめで、シソと同じように食べます。葉には、カルシウムなどのミネラルが豊富でβカロテンビタミンCも豊富です。

そして、この種を絞ったのがえごま油!

えごま油にはαリノレン酸が多く含まれているのが特徴で、これは人に必要なオメガ3系の必須脂肪酸です。

体内でつくることができないので食事やサプリで摂取する必要があるから必須脂肪酸なんです。

オメガ3系の脂肪酸には、マグロなどの青魚に多いDHAやEPAがありますがαリノレン酸は体内でこれらの脂肪酸に変換されます

必須脂肪酸が不足すると、脳や神経、皮膚などに異常が現れるのでDHAサプリなどが開発され爆発的に売れているんです。

でも、普段からえごま油を調理に使えばサプリを補助的に飲まなくてもいいかもしれません。

えごま油のαリノレン酸の効能と摂取量は?

040
それでは、αリノレン酸が持つ効能と摂取量について触れてみます。αリノレン酸は体内でDHAやEPAに変わります。

DHAやEPAは血流を改善してくれます。それに脳の働きも良くします

ブドウ糖が脳の栄養源として有名ですが、DHAやEPAも脳の働きを活性化させるために必要な栄養源なんです。

痴呆やアルツハイマーなどの脳の病気を予防したり改善してくれるといわれています。

Sponsored Link

また、肥満やアレルギーを悪化させる原因にリノール酸の過剰摂取が関係していますがαリノレン酸の働きでこれを抑えてくれます。

代表的な健康効果

  • 血流改善や血栓の予防・・・・・・DHAとEPAの働き
  • アレルギーを抑える効果・・・・・リノール酸に働きかける
  • アンチエイジング効果・・・・・・αリノレン酸が細胞膜を保護する
  • うつ病の予防と軽減・・・・・・・αリノレン酸がうつ症状を軽減する
  • 心筋梗塞や脳梗塞の予防・・・・・DHAとEPAの働き
  • 認知症やアルツハイマーの予防・・DHAとEPAの働き

他にも、肥満予防やシワやたるみの予防など美容系の悩みにも効果があるようです。そして摂取量ですが、厚生労働省は2gを推奨してますが大さじ1杯ほど飲んでも問題ないようです!

よくテレビに出てるお医者さんは、健康のために大さじ1杯を毎日飲んでるそうです^^

ポイントは、成分を壊さないために加熱しないことだとか^^

えごま油は早めに使い切る

αリノレン酸は、熱に弱く酸化しやすい特徴があります。いくら身体にいいオイルとは言え酸化した脂肪酸はあまり良くありません。

酸化した油を長く使うと動脈硬化の原因になったり身体を酸化させ老化させてしまいます。

なので、αリノレン酸が豊富なえごま油などは、早めに使い切ることが大切です。

料理に使うときは、炒め物などで加熱するよりドレッシングやマリネなど火を通さない方が良いんです。

最後に

いかがでしたか?

えごま油は、生活習慣病の予防アンチエイジング、ダイエット、物忘れが気になる人などにとてもいいオイルなんです。

その理由は何と言ってもαリノレン酸が豊富なことです。森公美子さん絶賛のえごま油はこれです。

純エゴマ油100 (白) 250ml オメガ3系

新品価格
¥1,580から
(2016/2/2 08:51時点)

普段、青魚が苦手であまり食べない人や妊婦さんはサプリででも取りたい栄養です。

おすすめなのは、乳酸菌などがプラスされ値段もニーズナブルなこのサプリです。



疲れやすいと感じる人や女性におすすめです。妊婦さんはDHAやEPAが不足すると“産後うつ”になる可能性があるらしいですよ

Sponsored Link


関連記事

青汁のアトピー効果!ケール,大麦若葉,明日葉を全て含む青汁が最高!

青汁はスーパー野菜を集めたもの 青汁には、ケールや大麦若葉、明日葉という野菜を原料にしているも

記事を読む

酢しょうがの効果と作り方~血糖値や血圧が高い人におすすめ~

家で簡単にできる酢しょうが!健康に良いって何回かテレビでも取り上げられましたね^^ これ何

記事を読む

植物性乳酸菌の作り方!自家製で簡単!植物性乳酸菌と豆乳ヨーグルト

植物性乳酸菌は自分で作ろう “植物性乳酸菌”の作り方は超簡単!自家製で植物性乳酸菌も豆乳ヨーグ

記事を読む

黒豆茶の効能は不妊や便秘予防!高血圧や膀胱炎にも!女子必見♪

おせち料理に欠かせない黒豆!それをお茶にしたのが黒豆茶です。体にいいだけじゃなく縁起もいいお茶!

記事を読む

手足の冷え改善~足の冷えは不妊の原因?血流改善で冷えを治す方法~

冷え性の人が気をつけるのは冬だけじゃない 冬は寒いから何するのにも億劫になりがちで嫌な時期です

記事を読む

肌荒れを治す方法~30代から気にしたい3つのお肌対策!10代も~

肌に大切な3つのこと 最近、飲み会が多くて暴飲暴食したなぁ。睡眠不足が続いている。偏った食事ば

記事を読む

フェイスラインのたるみ改善!3つのNG習慣と簡単に小顔になる方法

ダイエットするならフェイスラインも ダイエットで、フェイスラインのたるみが改善されるかというと

記事を読む

ココナッツウォーターランキング~効能効果は?飲む点滴はセレブに人気~

ココナッツウォーターってなに 海外セレブであり、美容マニアのマドンナさんや歌手のレディー・ガガ

記事を読む

葉酸の効能と副作用~妊婦に必要な栄養素でも知らないと怖いリスク~

妊娠中は食べ物で栄養を摂ることが大事 妊娠して嬉しい半面、不安もたくさんあると思います

記事を読む

セルライトの足マッサージ~自己流は逆効果!理由と正しい揉み方~

女性は気になるセルライト 足やお腹のセルライトを自己流のマッサージでグイグイ強く揉むと逆効果に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

黒米の炊き方は?甘酒も作れる黒米の栄養と効能は健康と美容に^^

古代米といわれる黒米はもち米の一種です。名前のとおり黒いお米ですが

黒豆茶の効能は不妊や便秘予防!高血圧や膀胱炎にも!女子必見♪

おせち料理に欠かせない黒豆!それをお茶にしたのが黒豆茶です。体にい

インフルエンザ対策グッズ!予防ならこれ!厳選の3つ紹介^^

インフルエンザが流行りだすと風邪っぽい人が周りにいるだけでつい疑っ

若返りホルモン[DHEA]はこの食べ物[食材]で!簡単に増やす方法

若返りホルモンが存在するの知ってます?DHEAと呼ばれるホルモンの

足の蒸れを防ぐ!蒸れ解消法!これで臭いも気にせずいつも快適^^

意外にも年中、足の蒸れが心配!そんな人多いですよね。そして蒸れると、当

→もっと見る

PAGE TOP ↑