アクセス頂きありがとうございます。あんちゃんです。気になる情報を発信します^^

仕事選びの基準!失敗しない為に大切なのはやりたいにこだわること

Sponsored Link

「仕事選び」今からでも遅くない!よく考えよう

あたりまえですが、人は働かなくては生きていけません

これを見ている人は、これから就職する人や転職を考えている人、もしかすると就活が始まる学生さんかな?
007
いずれにしても自分はどんな仕事が合っているのか、何をやりたいのかを少なからず悩んでいる人だと思います。

それを踏まえて自分の経験や漠然とした思いから気付いたことをお話します。これは普段から自分の子供にも話すことです^^

Sponsored Link

仕事を選びは天職を見つけること

005
私はごく普通のサラリーマンです。家庭もあり家族を養うくらいの給料を貰い平凡だけど幸せに暮らせている方だと思います。

今の仕事に就いて20年以上になりますが、ふとしたとき思うことがあるんです。

それは、自分はなぜ今の職場で働いているのか?ということ!大事なことです。

仕事は、もちろん家族のため、生活のためです。それは当然です。しかし充分生活できるお金があり家庭を持っていなかったら?そう考えたとき…

おそらく今の職場じゃなく違うことをやっていると思います。

言いたいのは、自分の好きなことやりたいことが仕事になって稼げて生活できていたらこう思わないということです。

もしそんな仕事に就いていたら、それは天職であり天職でお金を稼げている。これとても幸せなことだと思います。まさに一生の仕事です(^^)

どんな仕事でも生活できればいいのか?

002
やりたかったこと好きなことを見出せず就職してしまうと必ず思ってしまうのが、

  • もし、やりたい○○が仕事になっていたら・・・
  • もし、好きな○○が仕事になっていたら・・・

給料を貰い生活できていても、その職場で何年勤めていようがよく考えないで仕事を選ぶと、やりたいことと仕事が結びついていないと考えてしまいます^^;

では、なぜ働くのか?それは

  • 生きるため
  • 家族を養うため
  • 家を買うため
  • 車を買うため

そうです。「○○のため」に働かなくてはいけないんです!働くのが楽しいんじゃなく何かを得るために働かざる得ないんです。これって楽しいと思います?でも実際こういう人多いんじゃないかな。たぶん殆んどの人がそうなんじゃないかと^^;

  • 夏は暑く、冬は寒い現場で働いている人
  • 機械のように流れ作業を淡々としている人
  • 量販店の品出しやレジ打ちをしている人
  • トラックを運転し集配している人
  • 計算機やパソコンを使い事務をしている人

など仕事はいろいろあります。これらの仕事がダメと言っているんじゃありません。これらがやりたいことであって選んで就職しているかどうかです。

仕事選び!何を基準に?焦点は?

001
仕事選びで大切なことは何だと思います?

  1. 給料がいい
  2. 好きな○○がしたい
  3. ○○をやりたい
  4. ○○になりたい
  5. 憧れの業種に就きたい

人それぞれですが、「○○をやりたい」が一番仕事を生きがいとして楽しんでできると思います。なかなか見つからないかもしれません。見つかっているならそれだけですごいことです。一生の仕事ですからやりがいのある仕事を見つけた方が断然いいと思います^^

Sponsored Link

大事なのは情報!理想と現実を考える

001
例えば、テレビのバラエティ番組が大好きで自分も番組を作りたいと思ってテレビ業界に就職することができたとします。

運よくバラエティ番組に携わることができたとしてもアシスタントで仕事は過酷すぎる雑用です。番組制作に携わってはいるけど企画する立場になるには数十年はかかるでしょう^^;

それでも目標を持ってくじけない自信があれば生きがいを感じる仕事になると思います。が、事前に情報を得て覚悟していないと「こんなはずじゃなかった」となってしまいます。

もっとわかり易い例だとゲーム業界です。ゲームが大好きで自分のアイディアを形にしてゲームを作りたい。そんな夢を抱いて就職してもゲームを作ることはプログラミングです。黒い画面に向かってひたすらコードをタイピングする仕事です。

好きでやりたかったのがゲームのアイデアを形にする「企画」だとすると自分が想像していなかった仕事をするはめになってしまいます。だから情報収集は大事なんです!

憧れや好きなジャンル、業界を目指していてもしっかりと情報収集してないと理想と現実のギャップに苦しむことになってしまいますから…

趣味と特技はどちらが仕事に結びつく?

043
やりたいことや好きなことを焦点に仕事を選ぶとき、好きなことって趣味なの?特技なの?そこに行ってしまいがちです^^;

「あなたの趣味は何ですか?」と質問したら「旅行」「映画鑑賞」「読書」「絵を描くこと」などと答えると思います。しかし、その趣味をそのまま仕事にしようとすると挫折します。

自分が好きなのは、旅をすることであり本を読むことです。「映画鑑賞」も映画を観ることです。あくまでも好きなことが趣味だからです。

でも、ごく一部の趣味だけは仕事になる可能性はあります。絵を描くことなど芸術的に才能がある場合です。まぁ才能というからには余程光るものがあって人に認められるものじゃなくてはダメですけどね^^;

では「あなたの特技は何ですか?」と質問したら「野球」「サッカー」「料理」「お菓子づくり」などと答えると思います。この場合はどうでしょう?分かります?特技は仕事に結び付く可能性があるんです

自分が好きな特技なら「野球」でも「料理」でもやることであったりつくることなので仕事になる可能性があります。

しかし、野球などのスポーツは特技と言えるほど秀でていることが前提です。趣味の芸術と同じように余程の才能がないとダメです^^;

ここで注意するのは、好きな趣味を仕事に繋げようとすると確実に理想と現実のギャップが起きるということです。

好きで鑑賞するのと鑑賞するものをつくる側になるのとでは違うということです。しかし、特技は○○やることが好きなので仕事になってもギャップは起きません。好きだからできる!です。

最後に仕事選びで大切なこと

039
大切なのは「なにをやりたいのか」具体的に考えること。

誰だって、好きなことをやってると苦にならないから時間を忘れて熱中します。

  • 自分が喜びを感じるのはどんなときか?
  • どんなことなら面白いと感じるか?

このことをよく考えてみると必ず「やりたい」と思えるものが見つかると思います。

うちでは、日頃から子供に何でもいいから

  • 「時間を忘れて熱中できることを見つけなさい」
  • 「時間を忘れて打ち込めるものを探しなさい」

と言っています。そして「やりたいことや好きなことでお金がもらえたら最高じゃん」ていつも言っています。

でも子供たちは、何を言われているのかピンとこないようです^^;

本当に熱中できたものが将来の仕事に結びつくかもしれないということを・・・まぁいつか気付くときが来るでしょう。

まず探してみては既卒の就職なら!【ハタラクティブ】

こちらもおすすめマイナビスタッフ

Sponsored Link

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です