亜麻仁油~主治医が見つかるの特集で母油が^^亜麻仁油の効能は最高~

公開日: : 最終更新日:2016/03/19 気になる食べ物 ,


主治医が見つかる診療所で特集!?

オリーブ
亜麻仁油が売れているのはワケがある!!

健康などを題材にした人気番組「主治医が見つかる診療所」で取り上げられ一躍有名になったのが亜麻仁油の母油!

亜麻仁油の中でも母油がとてもいいらしく、その理由が扱い方です。ちなみに、母油は亜麻仁油の種類じゃなく商品名のことです^^

母油の特徴は、

  • ニュージーランド産100%オーガニック(無農薬)を使っていること!
  • 低温圧搾いわゆるコールドプレスで丁寧に絞っていること!
  • 油の酸化を防止するために遮光ボトルを使用してること!

原料から製法や保存まで、ものすごく丁寧に扱われているんです。これは成分を壊さないための工夫です

亜麻仁油には健康効果が高いαリノレン酸が豊富に含まれています。このαリノレン酸は熱に弱く酸化しやすいデリケートな成分といわれてます

酸化すると、動脈硬化の原因になったり体が酸化して老化してしまうのです

せっかく抗酸化作用がある成分を多く含んでいるのに扱い方で台無しになってしまうんです

亜麻仁油の効果を簡単に大きく分けると

  • 呼吸器系・・・心血管疾患の予防、高血圧抑制など
  • 美容系・・・・皮膚のしわやたるみ予防やダイエットなど

今回は亜麻仁油について書いてみます♪

Sponsored Link

この亜麻仁油には、人の体内で作ることができない必須脂肪酸のオメガ3系のαリノレン酸とオメガ6系のリノール酸が豊富で、その効果に

  • 更年期障害の症状に効果がある
  • 骨粗しょう症を予防する
  • アレルギーやアトピーの改善
  • 脂肪燃焼効果
  • コレステロールを下げる効果
  • 中性脂肪を下げてくれる
  • アルツハイマーや認知症の予防
  • 肌に潤いを与える効果
  • 便秘解消
  • 冷え性の改善

などがあり、特に、オメガ3系脂肪酸のαリノレン酸は医者いらずの薬と例えられるほどです

リノール酸は、良し悪しがあって過剰摂取の副作用で肥満や心筋梗塞、がんの原因になる可能性があるので注意してください

  • αリノレン酸(オメガ3)・・亜麻仁油、エゴマ油、胡桃、大豆等
  • オレイン酸(オメガ9)・・・オリーブ油、キャノーラ油
  • リノール酸(オメガ6)・・・ひまわり油、コーン油

でも、適度ならαリノレン酸との相乗効果で血中のコレステロールや中性脂肪を下げる働き、さらに、アレルギーを抑える働きがあるんです

亜麻仁油はαリノレン酸含有量60%

036
体内でDHAやEPAに変わるαリノレン酸が、なんと約60%も含まれてます

特に多いと言われている食材は

  1. 亜麻種子・・・特に多い。中央アジア原産のアマ科アマ属の一年草
  2. エゴマ・・・・多い。しそ科の植物、ゴマじゃありません
  3. しそ・・・・・大葉です。βカロテンやビタミンB1なども豊富
  4. ほうれん草・・レモンの2倍のビタミンCや血に必要な鉄や葉酸も豊富
  5. くるみ・・・・ナッツの王様、ビタミンやミネラルも豊富

αリノレン酸は、体内でDHAやEPAになり血流を改善し血栓を予防したり血圧を下げたりしてくれる必要不可欠な栄養成分です

Sponsored Link

生活習慣病などは血行がよくなれば予防や改善できるのは知られていると思います。血流は代謝にも大きく関わってますね

αリノレン酸が不足すると脳や神経、皮膚などに異常が現れると言われています

そして困ったことに、αリノレン酸は体内で作ることができないので食事で摂るしかありません

で、効果的に摂取できるのが亜麻仁油の母油です。別に母油を製造している関係者でも何でもないけど調べると一番良さそうだったので、おすすめします^^

毎日スプーン1杯の亜麻仁油を摂れば、青魚を毎日食べるのと同じだけ良質の油を摂取できると言われているから驚きです

リノール酸も適量ならγリノレン酸に変換されるので、生活習慣病の予防やアトピー性皮膚炎の改善に期待ができるんですって

亜麻仁油はオイルでありながら、なんとコレステロール値がゼロ!これも高ポイントです

更年期障害や骨粗しょう症にリグナン

030
亜麻仁油には亜麻リグナンというポリフェノールが含まれていて女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをしてくれます

エストロゲンを簡単にいうと、女性らしくするホルモンのことです

亜麻仁油には、リグナンが1.2%含まれていて、植物の中で含有量が一番多いんです。ちなみに、最近話題のえごま油は0.6%です

[icon image=”finger1-r”]えごま油の“えごま”はしそ科の植物で“ゴマ”とは全く違います。ゴマにもリグナンは含まれていますが、ゴマに含まれるリグナンはセサミンのことです

リグナンは、強力な抗酸化作用や血管の健康を保つ作用、骨を丈夫に保ち内臓脂肪を減少させる働きがあります

エストロゲンと似た働きというと、大豆に含まれるイソフラボンが有名ですが、亜麻仁油の成分も同様の働きをするんです

まとめ

048
亜麻仁油はどんな悩みを持つひとに効果的なのかまとめてみます^^

  • ダイエットを考えてるひと
  • 赤ちゃんがほしくて妊活してるひと
  • アトピー性皮膚炎で悩んでるひと
  • 婦人科系の病気に悩んでるひと
  • 骨粗しょう症が心配なひと
  • 薄毛や白髪に悩んでるひと
  • 認知症が心配なひと
  • 更年期障害の症状に悩んでるひと
  • 糖尿病などの生活習慣病に悩んでるひと
  • 生理痛を軽くしたいひと
  • 花粉症で悩んでるひと

などです。赤ちゃんの脳の発達にも効果的だといわれているので妊婦さんも積極的に摂取したいですね

厚生労働省も毎日スプーン大1杯の摂取を推進しているくらいです。子供は大人の半分で充分ですけどね

亜麻仁油の母油は、安めぐみさん永作博美さん平子理沙さん蛯原英里さんなど多くの芸能人も妊活中から愛用していたそうです

念のため亜麻仁油食べ方ですが、サラダや豆腐、カルパッチョが簡単でいいかもしれません

味噌汁に少し垂らすのもアリです^^



Sponsored Link


関連記事

食べる煮干しの効能と効果~あさいちでも紹介!健康には煮干し~

煮干しはスーパー食品 最近、煮干しに注目です!煮干しの効果や効能、栄養は優れているんです

記事を読む

杏仁オイルの効果~イボ取りオイルで有名だけど食用でも効果抜群~

アプリコットカーネルオイル 杏仁オイルの効果は、肌に直接塗ると肌の代謝がよくなり美肌や美白効果

記事を読む

レモスコの使い方や販売店は?レモスコレシピで自家製レモスコに挑戦

魅惑のスパイス“レモスコ” 使い方は簡単!何にでもOK!とにかく合います^^ タバスコの

記事を読む

糖尿病とはちみつの関係~糖尿病予防にははちみつが効果的~

糖尿病とはちみつは意外に関係があります! 糖尿病を予防するのにはちみつがおすすめなんです。

記事を読む

豆乳ヨーグルトの作り方は簡単!~植物性乳酸菌で作れば効果抜群~

豆乳ヨーグルトはあっさり味 最近、豆乳が注目を集めています!健康や肌にいいからです でも

記事を読む

ヘンプオイル[ヘンプシードオイル]の効能!ココナッツオイルよりすごい

美容と健康にいいオイル 美容やダイエットにもいいヘンプオイルは、オリーブオイルやココナッツオイ

記事を読む

インカインチオイルの効能効果がすごい!楽天とカルディどっちが安い?

インカインチオイルは優れもの インカインチオイルの効能や効果は、熱に強いから発揮できるんです!

記事を読む

タイの台所シリーズ!?タイの台所より安く旨い本場インスタントがある

最近タイ料理が人気だけど・・・ 最近、パクチーだとかタイの食材が人気ですね! タイの台所

記事を読む

スイカの栄養と効能!効果やカロリーは?スイカスティックが新しい

スイカは捨てるとこがない^^ スイカの栄養と効能、健康効果はすごいんです。スイカは捨てるとこが

記事を読む

ぎばさ(アカモク)の効能と食べ方~通販で買える美容にいい海草~

ぎばさって何!? ぎばさ?関東ではあまり聞きなれない名前の海草です。アカモクともいいます

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

若々しくなる方法~食べ物やサプリで女性が摂りたい栄養素を紹介~

いつまでも若々しくいたいのは世の中の女性全ての願い?思い?だと思い

みかんの皮を食べると健康になる!栄養と効能紹介♪がんも抑制?

冬はコタツにみかん!昔からよく言いますね^^ 実はこれって寒

ワイルドライスの食べ方は炊き方が重要!効果効能と栄養を紹介♪

ワイルドライス!ジワジワと注目されてる今セレブに人気の食材です^^

黒米の炊き方は?甘酒も作れる黒米の栄養と効能は健康と美容に^^

古代米といわれる黒米はもち米の一種です。名前のとおり黒いお米ですが

黒豆茶の効能は不妊や便秘予防!高血圧や膀胱炎にも!女子必見♪

おせち料理に欠かせない黒豆!それをお茶にしたのが黒豆茶です。体にい

→もっと見る

PAGE TOP ↑