離乳食に野菜パウダーが便利!~販売店は赤ちゃん本舗[三笠産業]~

公開日: : 最終更新日:2016/03/25 子育てについて , ,


野菜パウダーは優れもの

野菜
赤ちゃん本舗の公式ネット通販で野菜パウダーを見つけました。

離乳食は、生後5ヶ月ころから1歳過ぎ頃まで赤ちゃんに食べさせると思いますが、これがなかなか大変じゃありませんか^^;

でも、野菜パウダーがあれば簡単にできちゃいます!

離乳食はもちろんですが、野菜不足を気にしているひと、野菜嫌いな子供に苦労しているママにと~っても便利だと思います。

ひとつ気になるのは添加物や栄養素だと思いますが、製造している三笠産業のホームページを見たところ無農薬の野菜をパウダー状にして栄養素も凝縮されているので安心だとか・・・

だったら、試してみたいと思いません?

どうやって使うのか、どういう人におすすめなのか、それぞれの栄養についてもまとめてみましたのでどうぞ♪

Sponsored Link

赤ちゃん本舗のものが安心な理由

039
食べ物なので、安心して食べられる食べさせられることがもっとも気になるところです。

野菜パウダーでおすすめなのは個人的には三笠産業さんのだと思います。赤ちゃん本舗で扱っているのもここのものです。

子育て中のママは、特に、赤ちゃんに食べさせるものにかなり神経質になるので赤ちゃん本舗で扱っているなら信頼度は高いと思います。

ちなみに、三笠産業さんのPRは“便利野菜の野菜パウダーは全て安心安全な国産野菜を100%使用しています”となっています。

栄養価の高い旬の野菜を、協力農場から仕入れて粉末にしているようです^^

ホームページを見ると葉物野菜から根菜類、柑橘系など19種類ありましたが、まだまだ増えそうです♪

野菜パウダーの魅力

036
野菜パウダーの特徴は、何と言っても使い勝手がいいことだと思います。

水に溶かして練れば簡単に野菜ペーストも作れちゃうし、風邪引いたときご飯にパウダーを混ぜて煮込めば栄養満点のお粥もできちゃいます^^

野菜パウダーの特徴や使い方

  • 微粉砕なので、舌触りがとてもなめらか
  • 裏ごしした野菜よりも細かいので料理になじみやすい
  • 繊維質の食感は感じないけどしっかり繊維質が摂れる
  • ドレッシングに混ぜたりいろいろな料理に使える
  • クッキーやケーキをつくるとき混ぜればカラフルで栄養満点
  • ホワイトチョコを溶かして混ぜればカラフルなチョコになる

ざっと、思いつくだけでもこれだけあります

メーカーの売りは、特殊な製法で殺菌加工してあるので茹でた野菜と同じくらい栄養価があることらしいです。

赤ちゃんに必要な栄養素

baby
これから離乳食を始めようと思っているママや栄養満点の離乳食を簡単にできないか考えているママさんは使ってみるのもいいかもしれません。

赤ちゃんに必要な栄養素

  • 血流をよくし貧血予防に鉄分・・・ほうれん草、小松菜など
  • 骨や歯の成長にカルシウム・・・・小松菜、明日葉など
  • 成長を促進するたんぱく質・・・・にんじん、小松菜、ほうれん草など
  • 免疫力をつけるビタミン・・・・・ブロッコリー、むらさき芋など
  • 細胞膜や脳神経組織を脂質・・・・ブロッコリー、とまとなど

納豆やひじき、鶏肉などを混ぜれば栄養満点の離乳食が簡単にできると思います。

それぞれの野菜の栄養と効果

代表的な野菜の栄養と効果について詳しく書いてみたいと思います。赤ちゃんだけじゃなく大人にだってとても良い効果があるので参考にしてみてください♪

○ほうれん草

ほうれん草
緑黄色野菜の中で、特に栄養面が優れているのがほうれん草です。

貧血予防に重要な鉄分や吸収を高めるビタミンC、血をつくる葉酸など豊富に含まれています。

他にもβ-カロテンやビタミンC、B1、B2も多く含まれているので、とても栄養価が高いんです。

ヨーロッパでは“胃腸のほうき”と呼ばれ便秘解消に効果があるといわれています。

ほうれん草の健康効果は

  • 貧血の予防
  • 動脈硬化の予防
  • 高血圧の予防
  • 視機能の改善
  • 免疫力の向上
  • 美肌効果
  • 便秘の解消
  • 骨や歯を丈夫にする・・・などです

○むらさき芋

むらさき芋
むらさき芋は、アントシアニンを豊富に含んでいるさつまいもの種類です。

アントシアニンはブルーベリーなどに含まれるポリフェノールで、抗酸化作用が強いことで有名な成分です。

他にも、β-カロテンやビタミンC、B1、カリウムやマグネシウムなどの栄養素がたくさん含まれています。

Sponsored Link

むらさき芋の健康効果は

  • 視機能の改善
  • 美肌や美白効果
  • 便秘の解消
  • 生活習慣病の予防や改善
  • 老化の予防
  • 免疫力の向上
  • 肝機能の向上・・・などです

○かぼちゃ

かぼちゃ1
かぼちゃにも、β-カロテンが豊富に含まれています。他にビタミンCやビタミンE、食物繊維などが豊富です。

さらに、ビタミンB群やカリウムなどがバランスよく含まれています。

かぼちゃの健康効果

  • 免疫力の向上
  • 便秘の改善
  • 貧血の予防
  • 冷え性や肩こりの予防
  • 美肌効果
  • 老化の予防・・・などです

○にんじん

にんじん
カロテンは、にんじんの英名“キャロット”からきています。

それほど、にんじんにはカロテンの一種のβ-カロテンが豊富に含まれています。

カロテンには、動脈硬化の予防や免疫力の向上、目や肌の健康維持などに効果があります。

にんじんは、赤ちゃんから大人まであらゆる年代の悩みに応えてくれる“緑黄色野菜の王様”と呼ばれる根菜なんです。

にんじんの健康効果

  • 動脈硬化の予防
  • 目の健康を維持
  • 免疫力の向上
  • 美肌効果
  • 高血圧の予防
  • 便秘の解消・・・などです

○ブロッコリー

ブロッコリー
“緑の抗ガン野菜”といわれるブロッコリーは、ビタミンCやβ-カロテン、カルシウムなどを豊富に含んでいます。

いろいろな病気の予防や健康維持に働くファイトケミカルであるスルフォラファンが含まれているのが特徴です。

ブロッコリーの健康効果

  • 生活習慣病の予防と改善
  • 肝機能の向上
  • 胃の健康を維持
  • 便秘の解消
  • 美肌や美白効果
  • 免疫力の向上
  • 眼の病気予防
  • 貧血の予防・・・などです

ブロッコリーに含まれるビタミンCは、100gに160mgと豊富に含まれています。

なんと、その量はレモンの約2.5倍です。ブロッコリー50g(約4分の1)で成人の1日に必要なビタミンCを補うことができるそうです。

便秘解消したいひとの野菜パウダー

腹痛
うえで紹介した効果にもありましたが、女性に多い“便秘を解消したい”なら薬やサプリに頼る前に天然の食物繊維がおすすめです。

何がおすすめかというと、とうもろこしパウダーごぼうパウダーです。

とうもろこしには、不溶性食物繊維のひとつで腸内環境を整えて便通を良くしてくれるセルロースが含まれているのです。

他にも、動脈硬化を予防する効果疲労回復効果血行を促進する効果があります。

そして、ごぼうは、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類の食物繊維を豊富に含んでいる野菜です。ごぼうが便秘にいいのは有名ですね。

※不溶性食物繊維は水に溶けない性質を持つ食物繊維のことで、大腸で水分を吸収し数倍から十数倍に膨らみ腸のぜん動運動を高めます。

他に野菜パウダーがおすすめなひと

016
ほうれん草やかぼちゃやブロッコリーなど離乳食を始める赤ちゃんにおすすめですが、他にも使って重宝する人はたくさんいると思います。

例えば、

  • 忙しいくて簡単に料理をつくりたいけど栄養面が気になる主婦
  • 外食が多い一人暮らしのOLさん
  • おじいちゃんやおばあちゃんの介護食をつくってるひと
  • 生活習慣病が気になって食事療法を考えてるひと
  • ペットの健康が気になるひと

最近のペットブームはすごいですよね。大切なペットの健康を考えているひとは使ってみる価値はありそうです。

○朝食やデザートに大活躍のパウダー

忙しいOLさんなどにおすすめなのが、むらさき芋のパウダーなどお好みのものをヨーグルトとフルグラに混ぜて食べる朝食です。

他にもパウダーだから簡単にいろいろアレンジして使えます。

  • 小麦粉やホットケーキの粉に混ぜるだけでカラフルで栄養面もバッチリ
  • 生クリームに入れれば子供が喜ぶカラフルなデコレーションに
  • ホワイトチョコを溶かしてパウダーを混ぜればカラフルなチョコに早替り
  • アイスに混ぜれば簡単にカラフルなデザートの出来上がり
  • 水に溶かして野菜スープも簡単にできちゃう

最後に

050
気になるのは、金額だと思います。

季節や時期によっては、野菜は高騰しますからスーパーに買い物に行っても値段を見て躊躇してしまうことがありますよね^^;

それを考えると野菜パウダーを常備しておいて使うのもアリだと思います。

Sponsored Link


関連記事

下痢の原因は?食べ物で見る疑われる病気と症状とは

ただの下痢なのか?それとも病気? この時期に、下痢が長いこと続いたりすると「ノロウイルスかな?

記事を読む

短期間で身長を伸ばす方法!短期間で身長を伸ばすポイントは3つ!

「短期間で身長を伸ばす方法」よく週刊誌の裏などに、この手のキャッチコピーを見かけます。 が、怪

記事を読む

手足口病とヘルパンギーナの違い?大人と子供の症状~妊婦は危険~

夏に流行るウイルス感染 手足口病もヘルパンギーナも大人だって感染します。症状に違いはあっても大

記事を読む

乳児の咳はRSウイルス感染症!2歳までに感染する[高熱/鼻水/咳]

赤ちゃんが1歳になるまでの50%2歳までに100%近く感染する 乳幼児の代表的な呼吸器感染症が

記事を読む

ロタウイルスは便にいつまで潜伏するのか

子供が、ロタウイルスにかかり、長く続いた苦しい下痢から解放されたのが分かると「ホッ」とします

記事を読む

サルモネラ菌の症状と子供や幼児が感染しやすいクセ~予防方法は?~

食中毒の原因に多いサルモネラ菌 サルモネラ菌による食中毒の症状は、急な発熱や嘔吐、腹痛や下痢で

記事を読む

抗ヒスタミンの副作用は眠気だけ?~子供もパーキンソン症候群に!~

市販の鼻炎薬を飲むときは気をつけよう 花粉症で辛いのは、鼻みずや鼻づまりと激しいかゆみです

記事を読む

子供の誤飲!おもちゃ(プラスチック)よりタバコの誤飲は要注意!

子供や幼児に多い誤飲事故 小さい子供やあかちゃんは、何でも口に入れてしまいます 子供にも

記事を読む

赤ちゃんの熱中症対策!チャイルドシートやベビーカーにOKな優れもの

赤ちゃんは大人より体温が高い 赤ちゃんは、熱中症になりやすいから気を付けよう^^; 涼し

記事を読む

自信回復するには~子供の自信回復のためにやってみた3つのこと~

子供の自信を回復させたい スポーツ少年団などでサッカーやバスケなどをやっている子供をみてて「あ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

若々しくなる方法~食べ物やサプリで女性が摂りたい栄養素を紹介~

いつまでも若々しくいたいのは世の中の女性全ての願い?思い?だと思い

みかんの皮を食べると健康になる!栄養と効能紹介♪がんも抑制?

冬はコタツにみかん!昔からよく言いますね^^ 実はこれって寒

ワイルドライスの食べ方は炊き方が重要!効果効能と栄養を紹介♪

ワイルドライス!ジワジワと注目されてる今セレブに人気の食材です^^

黒米の炊き方は?甘酒も作れる黒米の栄養と効能は健康と美容に^^

古代米といわれる黒米はもち米の一種です。名前のとおり黒いお米ですが

黒豆茶の効能は不妊や便秘予防!高血圧や膀胱炎にも!女子必見♪

おせち料理に欠かせない黒豆!それをお茶にしたのが黒豆茶です。体にい

→もっと見る

PAGE TOP ↑